【試し読み】隣国の王に身代わりを差し出しましたが、逃げ切れず何故か溺愛されています。

作家:当麻咲来
イラスト:稲垣のん
レーベル:夢中文庫プランセ
発売日:2020/10/30
販売価格:700円
あらすじ

即位して間もない隣国のセオドア王へ嫁ぐことになった公爵令嬢アドリアーナ。しかし彼女には忘れられない初恋の人がいた。隣国への道中、様子を見かねた侍女ヴィオラからアドリアーナは誘惑の言葉を囁かれる。――「私を、アドリアーナ様の身代わりに差し出したらいいのです」しかも自分を溺愛する父の許可もあると聞けば乗らない手はない。ところが……「どうしてこんな裏切りをしたのだ?」アドリアーナの企みはあっけなくバレ、外交問題になるかと思いきや、そのままセオドアにベッドに押し倒され、なぜか昼夜問わず激しく愛されはじめて――?

登場人物
アドリアーナ
初恋の人が忘れられないまま、隣国の王へ嫁ぐことに。侍女の誘いに乗り、身代わりを差し出すが…
セオドア
即位したばかりの若き王。身代わりを差し出したお仕置きとしてアドリアーナを甘く苛む。
試し読み

プロローグ

「誰か、誰かいませんかぁ?」
 アドリアーナはうっそうと木々に囲まれた森の中にいた。不安そうな声を上げながら、辺りを見渡す。
 誰もが褒めてくれる長い彼女の銀の髪が、一筋木々に絡みついて足を止めさせた。泣きそうな気持ちになりながら、彼女は指先でそれを外す。金色の瞳が涙を湛えて潤んだ。
「お……父様ぁ……メリア……」
 情けない声を上げても誰も反応する人はいない。
 今回、父親であるグラナダ公爵に連れられて、アドリアーナは初めて隣国ティアルシアに来訪した。だが平和条約締結の祝いの宴で、ごちそうでお腹がいっぱいになると彼女は退屈し始めていた。そこに可愛らしい白い子犬が中庭を歩いているのに気づき、アドリアーナ付きの侍女メリアが目を離した隙に、その後を追ってしまっていたのだ。
 頭の中には、母の心配そうな声が聞こえる。
『アドリアーナは、たまに思い切りの良すぎる行動を取るから心配なのよ』
「お母様、ごめんなさい……」
 生垣の隙間を縫って隣接している森に入ってすぐに、白い犬の姿を見失ってしまい、ようやくアドリアーナは中庭から続く森に迷い込んでいる自分に気づいたのだ。
 まだ七歳になったばかりのアドリアーナは、他国の見知らぬ森に迷い込んでしまったことに気づくと、軽いパニック状態になっていた。そのうちに誰かが探しに来てくれるだろう、ということにも頭が回らず、元の場所に戻ろうと歩き回るうちに、ますます森の奥深くまで迷い込んでいたのだった。
 パーティのために着せてもらっていた美しいドレスは普段着ているものより動きにくい。綺麗な靴だって、歩き回るには不向きだ。貴族は人前で涙を見せるものではありません、と教育を受けていても、足がズキズキと痛くて、ついに涙がぽろり、と零れてしまったその時。

 ──ウウーッ。
 獣の唸り声が聞こえて、ハッと辺りを見渡すと、そこにはアドリアーナよりずっと大きい野犬が一匹、こちらを見て唸り声を上げていた。
「きゃっ……」
 後ずさりをしようと思った瞬間、なれない靴を草に引っかけて、そのまま尻もちをついてしまう。隙を見せた獲物に犬が一気に飛びかかろうとした。その時。
 キャン、キャンキャン。
 小さな犬が吠える音が聞こえ、閉じかけていた目を見開くと、さっきの真っ白な子犬が大きな犬に吠えかかっている。何故か子犬に吠えられただけなのに、大きな犬が一瞬怯んだ。アドリアーナはその様子を見て必死で立ち上がろうとするが足が震えて立てない。
「ルディ、いい子だ。この子を守ってあげてね」
 澄んだ男の子の声が聞こえて、子犬が小さく吠えて返す。次の瞬間、ヒュンッとアドリアーナの後ろから何かが飛ぶ音がした。刹那、大きな犬の傍に矢が刺さったのに気づく。
「……お願い、助けてっ」
 震える膝をなだめながらなんとか立ち上がると、咄嗟に後ろを振り向く。そこにはアドリアーナよりは一つ二つ年上の、古びた衣装をまとった金髪で巻き毛の少年がいた。この辺りの農家か狩人の子供だろうか。
「うん。安心して。ここは僕に任せて!」
 勇ましい騎士のような男の子は、持っていた剣で大きな犬に向かって打ちかかる。白い子犬も彼を守るように大きな犬に吠えた。男の子が持っていたのは木で作った剣だったのだが、男の子と子犬の気迫に押されたように、大きな犬はくるりと踵を返すと、そのまま立ち去っていく。
「……大丈夫?」
 それを見届けると、男の子は手を差し伸べてくれた。
「大丈夫。ありがとう。……私、アドリアーナって言うの」
「大丈夫ならよかった。僕はテッドって言うんだ。で、この子はルディ。ルディはまだ小さいけれど、大きくなったら僕と一緒に騎士団に入るんだよ」
 にっこりと笑った夏の空のように明るい青い瞳が印象的で、初めての危機とそこから救われた、という事実にアドリアーナの胸が高鳴る。
「あの……テッドって勇ましいのね。かっこよくてビックリしちゃった」
 にっこりと笑ったアドリアーナの顔を見て、テッドもじわりと頬を染める。
「僕のことなんて誰も褒めてくれないから、アドリアーナが褒めてくれて嬉しい。でもアドリアーナの方が綺麗で可愛くて、本物のお姫様みたいだ」
 ぎゅっと手を繋いだ二人は、互いに照れたような表情でにこりと笑った。アドリアーナを綺麗だ、将来が楽しみだ、と褒めてくれる人はたくさんいるけれど、こんな風に胸がきゅんとなったことはない。ドキドキする鼓動を感じながら、それを誤魔化すように必死に言葉を繋いだ。
「私、お城のパーティに来ていたんだけど、その可愛いワンちゃんを追いかけていたら、森で迷ってしまって……。あの、お城に戻る道って、テッドだったらわかるかな?」
 そう尋ねたアドリアーナを見て、テッドは眩しそうに森の向こうを見つめるようにする。
「うん、知っているよ。じゃあ、そこまで僕が送ろう……」

***

「きゃっ……」
「……アドリアーナ、大丈夫?」
 心配そうな青い瞳が覗き込む。伸ばされた手を見て、アドリアーナは小さく顔を左右に振った。歩けば歩くほど足取りは重くなり、しまいには木の根に引っかかってつい転んでしまったのだが、もう立ち上がれそうにない。
(足が……痛くてたまらない)
 案内してくれるテッドはどうやら森の中を歩き慣れているようだった。けれど、普段から侍女を連れての公爵邸の庭の散歩程度しかしたことのないアドリアーナは、森のような整えられてない道で歩くのに慣れていない。痛みに耐えかねて、そっと足を確認すると、ドレス用の靴下の中の足が、赤くにじんでいる。
「……靴が当たって痛いの……もう、歩けない……」
 柔な皮膚は靴に擦れて、水ぶくれが潰れ、悲鳴を上げていた。半べそをかきはじめたアドリアーナの様子に、テッドは彼女を慰めるように柔らかな銀髪を撫でる。その手が優しいから、アドリアーナは胸からこみ上げてくるような不安で、つい甘えるように声を上げていた。
「テッドぉ、どうしよう……私、もうお城に……帰れないかも」
「大丈夫。僕がアドリアーナをお城まで送ってあげるって約束したよね? それにその靴じゃ、これ以上、痛くて履いていられないでしょ。僕が預かってあげる」
 その手に靴を渡すと、彼はそれを腰につけた巾着の中にしまった。
「じゃあ、僕がアドリアーナを背負うよ。これなら歩かなくても城に戻れるでしょう?」
 背中を向けてしゃがみこむ。その背中はけして大きくなかったはずなのに、不安だったアドリアーナから見ると、すごく逞しく思えた。
「どうしたの? ほら、遠慮しないで早くおぶさりなよ」
 本当に小さい頃、面白半分に父親に背負ってもらって以来、こんな風に誰かの背中におぶさったことなどない。けれど空を見上げると、既に太陽は傾きかけている。きっともう少ししたら日が暮れてしまう。遅くなればみんなに心配をかけるし、きっとテッドにも迷惑がかかるだろう。
「ありがとう……ごめんね」
 頬を伝っていた涙を拭って笑みを浮かべると、目の前の背中にエイッと身を預けた。
「僕の肩に手を回してね」
 そう言われて彼の肩に手を置くと、力強く彼は立ち上がりルディを連れて歩き始める。
 城まではそんなに遠くない、と言った彼の言葉を信じないわけではないけれど、さすがにアドリアーナを背負った少年の足取りは重くて、不安な気持ちがこみ上げてくる。しばらく歩き続けると、ふと彼が足を止めた。
「わあ。シロツメグサがいっぱい咲いている。せっかくだからちょっと休憩しない?」
 ゆっくりとシロツメグサの絨毯の上にアドリアーナを降ろすと、彼はにこりと笑って見せた。けれどその顔はやっぱり疲れている。さほど年が違わない彼がアドリアーナを背負うのは限界だったのだろう。
「うん。綺麗ね……」
 公爵邸の中庭にも、シロツメグサが咲いている場所がある。侍女たちと一緒にそこに座って、花輪を編んだりおしゃべりをしたりする時間は、アドリアーナにとって楽しい時間なのだ。アドリアーナが自然と花を摘み始めると、彼はポケットから小さな包み紙を出した。
「これ、ちょっとだけど食べる?」
 包み紙の中身は干した果物のようだった。おそるおそる手を伸ばして一つ口に運ぶ。
「うわ……甘い」
 それは優しい甘い味がした。思わずにっこりと笑いかけると、彼も一つ取ってそれを食べる。
「甘いものを食べると元気になるって、うちのおばあちゃんが言ってた。だからこれを食べて元気になったら、また行こう!」
 すぐにでも立ち上がりそうな彼はまだ疲れているように見えたから、アドリアーナはわざとゆっくり、シロツメグサの花で小さな指輪を編み始めた。
「ちょっとだけ……これができるまで待っていてね」
 そうして編み上げたシロツメグサの小さな指輪をそっと彼の指に着けると、彼はびっくりしたような顔をする。
「ありがとう。私を助けてくれて。これはテッドにお礼だからね」
 何故か恥ずかしくなって照れながら声を掛けると、彼はびっくりした顔をした。
「これ……僕にくれるの?」
「そう、テッドのために作ったから」
 頬を染めたまま笑みを返すと、彼はじっと指につけられた花を見つめ、ほうっと小さくため息をつく。
「……ありがとう。本当に嬉しい」
 彼はそっとアドリアーナの手を取って、指先にキスをした。
「……僕が大人になったら、可愛いアドリアーナに本物の指輪をプレゼントするから、そうしたら僕と結婚してくれる?」
 じわっと頬に熱がこみ上げる。思わず頷いてしまった自分にびっくりする。そんな彼女の唇に寄せられた彼の唇は、一瞬だけ彼女に触れて離れていった。生まれて初めて家族以外としたキスにドキドキして、お別れの時を伝える夕焼けが切なくて……。
 短い冒険の時間は、アドリアーナに初めての恋を教えてくれた。その後森の中まで彼女を探しに来た城の人間たちと出会うことができて、アドリアーナは無事父親の元に帰ることができたのだけれど……。

「絶対に、アドリアーナのこと、迎えにいくから」
「……うん。私、テッドのこと、ずっと待ってるね……」
 密かに誓い合ったその幼い恋を、アドリアーナはずっと忘れられないでいる。

***

「……って本当に、それだけが理由ですか!」
 母国サラセナ皇国から隣国ティアルシア王国に向かう馬車の中、そうアドリアーナに言い放ったのは、新しく雇ったばかりの侍女、ヴィオラだ。
「だって……私、テッドと結婚を約束したのだもの……」
 アドリアーナが頬を赤く染めて、手をぎゅっと握りしめている様子を見て、ヴィオラは整った眉をひそめ、深々とため息をついた。
「深窓のご令嬢だって噂に聞いていましたけど、そこまで初心だったとは……。だったら『想う人がいるから結婚できません』って、娘に甘いグラナダ公に主張しなかったんですか!」
「して……いました。だからお父様も、私の気持ちが前向きになるまでは、と今までは無理に縁談も勧められなかったのですけれど……」
「なるほど。グラナダ公も噂にたがわず、相当愛娘に甘かったんですね……うっかり行き遅れになるところじゃないですかっ」
「嫁に行きたくなければ、ずっと家にいてもいいってお父様が……でもその父でも今回のお話は受けざるを得ないって……」
 こんなとき、小さな頃からずっと仕えてくれていたメリアだったら、なんて言って慰めてくれただろうか。だがメリアには母国サラセナに夫や子供がいるため、今回の婚姻のための国の移動にはついて来られなかったのだ。
 代わりにアドリアーナの筆頭侍女として新たに雇われたのは、侯爵令嬢であるヴィオラだ。本来なら侯爵令嬢が、公爵令嬢であるアドリアーナの侍女として侍ることなどないのだが、今回の場合は事情が特殊なのだ。
 ヴィオラ自身は侯爵令嬢ではあるものの、ヴィオラの実母は侯爵の元愛妾で、しかも下町の下世話な店にいたところを見染められたらしく、社交界ではその出自からヴィオラは浮いた存在になっていたのだという。そんな彼女は国内では自分には良い縁談はないだろうと冷静に判断し、侯爵令嬢の立場でありながら、隣国に嫁ぐアドリアーナの侍女に応募してきたのだ。しかも……。
「今回の話、受けざるを得ないって……それはそうですよね。今回の話は、ティアルシアの新王からアドリアーナ様を王妃に望まれてのものなのですからっ!」
 ヴィオラはこめかみに手を当てて、深くため息をついた。
 侯爵令嬢である彼女が、あえてアドリアーナ付きの侍女になったのは、アドリアーナの結婚相手がティアルシア王国の、即位したばかりの若き王、セオドアだからだ。王妃の筆頭侍女であれば、侯爵令嬢であるヴィオラにとっても不足がないらしい。
 ちなみにセオドア王も庶子出身で、最近まで国外には知られることのなかった第三王子だ。本来ならば、血統から言っても国王になる立場ではなかったらしい。だが正妃の息子であった第一王子、第二王子が醜い権力争いをし、それが原因で内乱に発展しそうになった結果、前王は二人に引導を渡した。そしてこれ以上の国内の弱体化を厭うて、前王は責任を取る形で自ら退位し、セオドアに王位を引き継いだのだと言う。
 突然白羽の矢が立った形のセオドア新王だが穏やかな人柄で、真摯に施政に取り組んでおり前王との関係も良好で、あまり評判の良くなかった第一王子、第二王子よりよほど有能な為政者である、と国内外で評価されつつある。
 そんな事情のある新王が娶る王妃であれば、本来なら彼の地位を安定させるために国内の有力貴族の娘を指名するか、力を持つ他国の王女を王妃として迎え入れることが多いのであろうが、何故か王妃に、と希望されたのは隣国の公爵令嬢に過ぎない自分だった。
 だが戸惑うアドリアーナに対して、これはチャンスとばかりにヴィオラは侍女として自分を雇うように、自らグラナダ公に掛け合ってきたらしい。そして王妃になるアドリアーナの筆頭侍女となるのであれば、ヴィオラぐらい豪胆で強かな娘の方が良いとグラナダ公も認めたと言うのだけれど。
「大丈夫。拒否できない縁談だときちんと理解しているわ……」
 城に着くまでには気持ちをきりかえなければ、と小さく息を吐くアドリアーナに、ヴィオラは肩をすくめた。
「理解しているけど……初恋の騎士の君以外に抱かれる勇気がない、ってことでしょうか?」
「抱かっ……」
 あまりにも率直すぎる言葉に、思わず絶句してしまう。
「だって王妃だろうが、場末の給仕女だろうが、嫁に行くということは、夫に抱かれて子を孕むということですよね」
 確かにヴィオラの言うことはあながち間違ってはいない。そして正直そのことに、アドリアーナは二の足を踏んでいる。メリアがアドリアーナに、嫁入り前の令嬢が受けるべき最後の教育を施してくれたのだけれど、その内容は相当生々しくて……。密かに初恋の騎士の君をずっと想っているアドリアーナが、到底受け入れられるようなものではなかったからだ。知らない男性相手に、あんな恥ずかしいことや、こんないやらしいこととか……。
「うっ……無理……。絶対に無理です。私には……」
 ヴィオラの問いかけに、ずっと我慢していた本音が口に出てしまう。メリアは『こういうことがありますが、アドリアーナ様は相手の方に身を任せて、ただ受け入れればよろしいのです』と教えてくれたけれど、そんなことされたら、怖くて咄嗟に相手を突き飛ばしてしまうかもしれない。そこまでいかなくても嫌だと声を上げてしまうかもしれない。そのくらい、あけすけで生々しい男女のあれこれについての説明だったため、初心なアドリアーナは完全に腰が引けている状態になっているのだ。
(そりゃ、好きな人が相手だったら……嬉しいことなのかもしれないけれど)
 初めて会う男性に、無理やり体を開かれて、口にするのもはばかられるような色んなことをされてしまうという事実が、ただただ重くのしかかっている。淡い初恋の想い出だけで生きてきたアドリアーナにとっては、男女のアレコレはあまりに赤裸々すぎて、頭で考えれば考えるほど、煮詰まっていくばかりだ。
(……ああ、考えれば考えるほど、無理! いきなりなんか不味いことをしてしまいそう)
「えっと……万が一、私がセオドア王に失礼なことをしてしまったら……」
「そりゃ、国際問題になりますよね。当然」
 ヴィオラに断言されて何も言えなくなってしまった。けれど母国の国境の町から出発した馬車は既に隣国に入っており、もう逃げるわけにもいかないのだ。
「しかし、なんでセオドア王はアドリアーナ様を選ばれたのでしょうねえ」
 動揺しているアドリアーナを見ながら、ヴィオラは首を傾げた。
「それは隣国でもあるサラセナ皇国の名家グラナダ公爵家との関係を、セオドア王は重視したのではないかと思いますよ。わが公爵家は歴代、外務を担う大臣を輩出する家ですし、現サラセナ皇帝からの信頼も厚いですから」
 ことが外交問題になった途端、理路整然と答え始めた様子を見れば、酷く動揺しているものの、アドリアーナが名君と名高いグラナダ公の娘に相応しく、きちんとした教育を受け、けして愚かな娘ではないことはわかる。
「……しかも今、サラセナ皇帝には、セオドア王とちょうどよい年周りの皇女もいないですし、庶子出身の王ということで、大国の皇女を娶るよりはサラセナで大きな権力を持つ、グラナダ公の娘であれば手ごろ、ということなのでしょう。私の母は現皇帝陛下の従妹いとこに当たりますし、父は自ら彼の国との平和条約を締結し、調印を行った親ティアルシア王国派でもあります。大国サラセナと今後とも良好な関係を築きたいとセオドア王が考えていれば、次善の策として、グラナダ公の一人娘である私を望むというのは、非常に理に適っていると思います」
 そこまで言ってから、アドリアーナははぁっとまた深いため息をついてしまう。そうだ、頭では理解できているのだ。できてはいるのだけれど……。

※この続きは製品版でお楽しみください。

関連記事

  1. 【試し読み】クールな秘書は俺様副社長の重い愛から逃げられない

  2. 【試し読み】別人みたいなアイツと復活愛~俺様社長がグイグイ迫ってきます!~

  3. 【試し読み】異世界で魔女に間違われたら愛されすぎて困ります!?

  4. 【試し読み】疾走愛~スーツを着た恩人の色に染められてしまいました!~

  5. 【試し読み】年下カレシの溺愛アプローチ~こじらせOLはぐるぐるする~

  6. 【試し読み】欲情証明~今夜、鬼上司をお持ち帰りして誘惑します~

  7. 【試し読み】一途な彼の甘い独占欲

  8. 【試し読み】混血騎士の秘めた執愛~こじらせた想いは月のない夜に~

  9. 【試し読み】王太子殿下の美貌に騙されてはいけません、実は激しく××なんです!

Bookstore

dブックロゴ

bookliveロゴ

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。