【試し読み】この婚姻、異議あり!!

作家:波奈海月
イラスト:鈴ノ助
レーベル:夢中文庫プランセ
発売日:2020/6/9
販売価格:800円
あらすじ

和平のため歳の離れた敵国の王へ嫁ぐよう命じられた王女シトゥルーナ。ところが国王はごく近い者にしか姿を見せないらしく、シトゥルーナは婚姻を進めてもらえないまま放置されてしまう。不安な王女を気遣ったのは、国王の親衛隊隊長レット。慣れない土地でその優しさに触れたシトゥルーナは、国王との結婚を控える身でありながらレットに惹かれはじめてしまう。……そんな時、目隠しをされ通された国王の寝室で、王女は視界を遮られたまま初めての悦びを教えられる。――「すべて、俺のせいにしろ」ついに王女が国王と結ばれたと話が広まっていく中、シトゥルーナは、王女としての責任とレットへの想いに揺れて……?

登場人物
シトゥルーナ
和平のため敵国の王へ嫁ぐが、肝心の王が姿を見せないため不安な日々を過ごす。
レット
国王直属の親衛隊隊長。慣れない土地で過ごすシトゥルーナを優しく気遣う。
試し読み

プロローグ

 マイルマ大陸の北西、森と湖の国と呼ばれるサラスト国の王城〈ヴァロリンナ〉。
 その奥深く、王族が居住する内城の扉をいくつも抜けた先にある国王、サラストゥス陛下の寝所に、隣国フリュードより来た王女の姿があった。長きに渡り幾度となく兵刃を交えてきた両国は、王族同士の婚姻を以て終止符を打つことにしたのだ。
「──こちらでお待ちくださいませ。陛下は間もなく参られましょう」
 ここまで案内してきた王城の侍女が、王女の手を取り部屋の中ほどにあった長椅子に座らせる。
 王女の名はシトゥルーナ・ルース・フリューデン。フリュード国の若き王、エドヴァルド・カルフ・フリューデンの妹で、豊かに波打つ亜麻色の髪に煌めくはしばみ色の瞳の姫君だ。
 けれど今は、その誰もが魅了されてやまない榛の瞳は、包帯のごとく幾重にも巻いた平布によって隠されていた。
 目をわずらったわけではない。「陛下の命です」と言って、シトゥルーナの夜伽の支度をしたこの侍女によるものだ。
「よろしいですか、くれぐれもその目の布をお取りになられませんように、お気をつけくださいませ」
 そして、もう何度目だろうか。こうして布を取るなと言われるのは──。
 侍女に気づかれないよう小さな溜め息を吐いたシトゥルーナは、膝に置いた手をきゅっと握る。繰り返し言われないとわからない愚か者と思われているのだとしたら、情けない。
 いや、そもそもはどうして目を隠さねばならないのか。元敵国の王女にはいろいろ見せたくないものでもあるのだろうかと勘繰りたくなる。
 そういえば、と二度目の溜め息を吐いたシトゥルーナの脳裏に、初めてサラスト国に足を踏み入れた国境の砦でのことが思い浮かぶ。それから王城で初めて国王陛下と相見えたときのことも。
 国には心配をかけたくなくて、つつがなく顔合わせを果たしたと文にしたためた。しかしあれは、とてもではないが顔合わせと言えるものではなかった。声をかけられることはおろか、玉座を前に頭を垂れていたシトゥルーナが顔を上げる間も与えられず、用意された宮に案内されたのだった。以後誰が来るわけでもなく、まるで人と会うのを憚られているように感じていた。
 とはいえシトゥルーナは、この政略以外何ものでもない婚姻の意味と己の役目を充分理解していた。
 サラスト国王と、年が親子より離れているのは最初からわかっていたこと。乙女ならば憧憬をもって夢見たい婚礼の儀についても、長年の戦禍から国を立て直すことを先に考えたいという話にも納得している。
 だから両国を結びつけ、真の和平をもたらすために自分の務めを果たす。いや果たさねばならない。二国の架け橋となる子をなすのだ。
 その気持ちに嘘はない。大義のために我が身を捧げる覚悟もした。でも──。
 シトゥルーナは、ふと脳裏によぎった人影をぐっと息を呑み込むように、淡い想いとともに心の奥に沈めた。
「申し訳ありません。お目を隠したことをシトゥルーナ様が不快に思われていることは重々承知しております。ですがこらえてくださいませ」
 表情など布に覆われてほとんど読めないだろうに、シトゥルーナの様子からその心情を察したのか、侍女が口を開く。さすが王族の身の回りを世話する侍女だ。よく気がつく。
「──婚姻を結ぶために参ったのですから、わたしも今は陛下の臣下のつもりです。なればその命に背く真似などいたしません」
 シトゥルーナは小さく息を吐いて、この程度のことに気遣いは無用と安心させるつもりで答える。だが思いがけず固い口調になってしまった。
「あの……、これは直接聞き及んだわけではないのですが、陛下は今のお姿を周りの者に見せるのを嫌がっておいでのようなのです」
 シトゥルーナの声音から心の機微を感じ取ったのか、侍女は言い難そうながら、驚く言葉を続ける。
「え──……、今の……お姿、ですか?」
 さすがにこれには困惑する。姿を見られたくないなど、一国の王としてどうなのだ。
 戦好きの武王と名高いサラスト国の王は、若かりし頃は近隣諸国にその美丈夫ぶりでまた名を轟かせていたと聞いたことがあったが、それが何故?
 まさか人目を憚りたいほど老いて衰えてしまったとでも?
「はい。お声も、その……、直接聞くことはないそうです」
「お声も、なのですか──」
 さらに続けられた言葉はいっそうシトゥルーナの惑いに拍車をかけた。
 そういうことか。だからあのときも──……。
 シトゥルーナは、王城で初めて顔を合わせたときのことを思わずにはいられない。
「陛下の命は近侍のレット・リタリ様を通してなされます。シトゥルーナ様の目を隠すようにとの命もレット様から聞きました」
「そ……うなの、ですか。レットが……」
 レット・リタリ──。
 その名を聞いただけで、シトゥルーナの胸はつきりと痛みを覚えた。先ほど心の奥に沈めた影の名だった。

 侍女が下がったあと、しばらくして衣擦れの音とともに人の気配を感じた。おそらくサラストゥス陛下が部屋に入ってきたのだろう。シトゥルーナは、いよいよだと体を強張らせた。
「あ──……」
 いつの間にか近くに寄られて頬を撫でられたシトゥルーナは、ぴくりとして思わず声を上げた。怖じけたせいではなく、そろりと触れてきた手がとても優しかったからだった。
 その手に寝台にいざなわれ、シトゥルーナはゆっくりと体を倒された。
 顔も知らず、声も聞いたことがない。それでも今自分を組み敷いている者は、陛下に違いなかった。
 どうしてそう思うのかわからない。けれど初めての情交を迎え張り詰めていた気が、触れられたところからふわりとほどけていく。
「……ぁっ」
 さわさわと指が頬から唇をかすめておとがいへと移っていく。さらには首もとから鎖骨を撫でさすっていく。
 身に纏っていた蜻蛉の翅のごとき薄い夜着が今どうなったのか、目を隠されたシトゥルーナには確かめようがない。けれど布越しに触れられていると感じるから、まだ纏っているのだろう。それともすでにあられもなく全身をさらしていて、布が肌を擦るのは、サラストゥス陛下が着衣のまま覆いかぶさっているからなのか──。
「陛下……ぁ……」
 なおも陛下の手が、鎖骨から肩口、二の腕と、シトゥルーナに触れていく。ゆっくりと急くことなく。そして手を握られてするりと指先を取られたとき、押しつけられる柔らかなものを感じた。唇だ。
 指先に口づけた唇が指を食み、啄みながら掌に移る。吸いつかれて生温かく濡れたものがぬるりとする。
「んっ」
 シトゥルーナは、くすぐったさとぞくぞくするものを感じて、こらえようと息を詰めたが、漏れた吐息は思いのほか艶を持っていた。一瞬で顔が朱に染まる。
 恥ずかしさを覚えたシトゥルーナは再び息を詰め、唇を強く噛んだ。このときばかりは布で半分覆われていて良かったと思った。
 しかしその唇に、指が這わされる。噛むな、ということらしい。
(どうして……)
 これは政略結婚だ。寝所をともにするのも目的のために必要なこと。心など不要。乱暴に扱ってくれたって良かった。それなのに──。
 指がまたシトゥルーナの体を撫で始める。緩やかに、優しく。
(申し訳ありません、陛下)
 込み上げてくる想いが、胸を締めつける。
 まなじりに溜まった涙は目を覆っていた布に吸われて、頬を濡らすことはなかった。

第一章 出立

 マイルマ大陸の西に位置するフリュード国の王女、シトゥルーナ・ルース・フリューデンは、王宮会議室の隣の小部屋で息を潜めていた。
 会議室では、シトゥルーナの兄であるフリュードの国王、エドヴァルド・カルフ・フリューデンを前にして国の要人官僚が集まり軍議が行われている。先々王の時代より続く隣国サラストとの戦を今後どうするか、継戦か停戦かの協議だ。
「それは余りにも気弱というもの!! 機を見誤ってはなりませんぞ!!」
(あの声は……、キヴァリ将軍ね)
 シトゥルーナは、榛色の瞳を曇らせ形のいい眉を顰めた。
 軍部を統括する侯爵のラーファエル・キヴァリ将軍は普段から声が大きいが、それでも隣室のここまで聞こえる大声を出すなど、鋼のように鍛えられた大柄な体躯も相俟ってまるで威迫だ。誰に向けたものか想像がたやすいだけに、シトゥルーナは唇を噛む。兄王の、自分と同じ榛色の瞳は、半眼に細められているだろう。
 キヴァリ将軍は、国家建国の代より続く名門貴族の出自で、先王──二人の父の代より仕える猛将。サラスト国との戦も、将軍が軍をまとめ上げているからこそ、互角に相対できるのだ。そうでなければ、戦王と名高く自ら戦場をかける現サラストの国王に、フリュードなどあっという間に攻め入られてしまっていただろう。
 だから国政に直接の関わりのない王女でも、キヴァリ将軍の功績はよくわかっているつもりだ。
 しかし、兄王の胸中もまたシトゥルーナはわかっていた。
 隣室の様子を壁際で窺うシトゥルーナは、亜麻色の髪をかき上げ耳をそばだてる。
「亡き父君がお聞きになられたら嘆かれましょうぞ。国境の小競り合いで戦果を挙げた今、サラストの砦城を制圧し王都へ攻め入るのが上策というもの。停戦などと兵士の戦意をぐような戯言は、おやめいただきたい。フリュードの兵は最後の一兵となっても、戦い続けますぞ」
 慇懃な物言いながらも、エドヴァルドが打ち出した停戦案を真っ向から否定する将軍の声が聞こえ、シトゥルーナは唇をさらに噛む。おそらく今、会議室にいる者のほとんどが、王ではなく将軍の意見に頷いていることだろう。
 百戦錬磨の将軍は、年若い王を軽んじている向きがあった。戦よりも内政の充実をはかりたいエドヴァルド王とキヴァリ将軍との間に溝が生じているのは、悲しいかな周知の事実だ。噂では父王が崩御したとき、次代のフリュード国王には兄エドヴァルドではなく、このキヴァリ将軍を推す声もあったらしい。
(お兄様はどうされるのでしょう)
 シトゥルーナはさらに耳を壁につけ、エドヴァルド王の言葉を待った。
「──長年の戦で民は疲弊している。国境の小競り合いで勝ちを挙げたなら、それをもってサラスト国に停戦──和平を申し入れる」
 エドヴァルドの声は毅然としていた。それでこそお兄様、とシトゥルーナも頷く。
 フリュードは温暖な農業国だが、その収穫高はここ数年下降気味なのだった。すべては国を支える民がサラストとの戦に徴兵されて、満足に耕作ができないため。加えて度重なる増税で生活が圧迫されていた。
「サラストと和平、とな? しかるにその使者には誰を遣わせるおつもりかな」
 将軍の物言いにシトゥルーナの眉は、ぴくりとつり上がる。
 この場合、王家相談役のイーヴァリ・ラスクがもっとも適任だろうが、先々代より仕えるラスクは高齢でこのごろは登城も難しい状況だった。ならば他には誰を、という話になるが、正直サラスト国に一目置かれエドヴァルド王の名代が務まるのは、キヴァリ将軍ぐらいだ。
 それをわかっていて、将軍は訊いたのだった。シトゥルーナは兄へ向けられた言葉の端々から侮りを感じた。
「使者はシトゥルーナだ。そしてサラスト国王との婚姻をもって両国の和平を恒久にする」
 エドヴァルド王が声を荒らげることもなくそう断じると、会議室が、しん、と静まり返った。聞き耳を立てているシトゥルーナにも、壁を隔てた隣室の空気が伝わってくる。誰もが驚き声を失ったようだ。
 そんな中、いち早く立ち直ったのか声を上げたのは、やはりキヴァリ将軍だった。
「エドヴァルド陛下、本気でそのようなことを!? 使者として送るのも驚くが、まさか婚姻など!! シトゥルーナ王女殿下はエドヴァルド王の妹君ですぞ!!」
「妹だ。だから相応しい。サラスト国との和平の使者、王の妃となるべくシトゥルーナには早々にサラスト国に向けて出立してもらう」
「お、お待ちくだされ。サラスト国王はよわい五十を超えると聞きますぞ。いくら戦王と名を馳せていてもそのような老王とまだ十八歳の王女殿下の婚姻は──」
 エドヴァルドに何かと異見を述べる将軍でも、シトゥルーナを気遣う気持ちはあるようだ。口調が珍しく躊躇いがちだった。それとも王の妹というだけのシトゥルーナでは、戦王の妃など務まらないと思っているからなのか。
 できれば前者が良い。その昔、幼少のみぎり、猛将と畏れられる将軍に可愛がってもらった記憶は残っていた。
 それにシトゥルーナも、事前に話を聞いたときは絶句した。けれど同時に、これが王族の務めと納得もした。何よりも兄王の信頼があり、サラスト国にも納得させられ、もし継戦となった場合、直接の戦力に影響のない者は、王妹の自分だった。
「小娘には務まらないとでも?」
「いえ、王女殿下をそのような……」
(お兄様ったら意地の悪い言い方を)
「貴族の娘なら家のために婚姻することなどままある話だ。シトゥルーナは我が妹。王族だ。家が国になっただけだ」
 それが当然と言わんばかりに淡々と口にするエドヴァルド王の胸のうちを、真実理解している者はどれだけいるだろう。
 フリュード国の東には大国パルニラ帝国があり、彼の国に備えるためにも、いつまでもサラスト国と兵馬を交えている場合ではない──それが兄王の考えだった。
「いや、しかし、陛下っ。戦王が相手では……そ、そうだ、王子。サラスト国には王子が何人か。婚姻相手ならば、王よりも王子のほうがよろしいかと」
 キヴァリ将軍が食い下がる。
 だが、戦王として現王のほうが印象深いためか、王子の話はほとんど耳にしたことがなかった。
「駄目だ。シトゥルーナは、今のサラスト国王に嫁がせる。他の者は認めぬ」
「しかしながら、陛下っ!! 確かに、王子の評判は粗野とか短慮とか、あまり良いものは聞かぬが、老王よりは……」
 どうやらサラスト国王子の評判は芳しくないらしい。
 しかしシトゥルーナにしてみれば、評判など構わなかった。サラスト国に和平の使者として赴き、国王であれ王子であれ、王族と婚姻することが重要なのだ。
「これは決定だ。異論は認めぬ。我が妹シトゥルーナには友好の証としてサラスト国入りを果たし、両国の和平を取り結ぶ。キヴァリ将軍、今後はフリュードの誉れ高き猛将としてパルニラ帝国に睨みを利かしてほしい。良いな」
「パ……ニ……を……」
 将軍の声はよく聞き取れなかった。ガタガタと椅子を引く音がして隣室から出てくる人の気配を感じた。
 協議が終わった。これで自分がサラストに行くことは決まった。
 大きく息を吐いたシトゥルーナは、兄王のために、フリュードのために、改めてこの身を捧げる決意をするのだった。

 シトゥルーナと身の回りの世話をする侍女を数名乗せた四輪四頭立ての馬車は、護衛の近衛騎士団小隊とともに、サラスト国に向けて北上していた。
 国を横断する河川をいくつか渡り、農村地のなだらかな丘陵風景が徐々に人の手の入らない荒野へと変わっていく。間もなく北の国境だった。
「姫様、すごいですっ。何もありませんっ」
 シトゥルーナの前に座っていた侍女のユッタが、車窓から見えた景色に無邪気な感嘆の声を上げた。
 王宮に行儀見習いとして上がったばかりとはいえども、貴族の子女。しかも王女付きの侍女となった今は見過ごせる振る舞いではなかった。
 ならば主として窘めるべき──と考えがよぎったが、シトゥルーナは彼女と同じように馬車の外へ目を向けた。
 ここには口うるさい侍女頭はいないし、行儀作法をとやかく言うよりシトゥルーナは、素直で伸びやかな性格のユッタを微笑ましく思っていた。それは他の侍女たちも同じようで、俯き加減で見て見ぬ振りを続けている。
「本当ね。何もないわ──」
 馬車の揺れ方が変わったから二国間の緩衝地帯と呼ばれる荒野に入ったのはわかっていた。だが、実際に目にするとその広大さに大きく息を吐きたくなる。建物も畑もなく、人の姿も当然なく。見渡す限り岩山と赤土の大地だった。この風景は国境を越えサラスト国に入ってもしばらく続く。
「あっ」
 ユッタが小さな声を上げた。この地に棲息する砂ウサギでも見つけたのだろうか。
「ウサギでもいた?」
「いえ、その……」
 シトゥルーナがユッタを窺うと、彼女の顔は赤みを帯びていた。
 まだ夕刻ではないのにどうしたのだろうと、ユッタの目の先を追ったシトゥルーナは納得する。ユッタが見つけたのは砂ウサギではなかった。
「あら──、そういうこと?」
 呟きを落とせば、ユッタはますます顔を赤らめる。
 同行する小隊の隊長オイヴァ・キヴァリ准将が、前方からこちらに馬で駆けてくるところだった。
 彼は名が示す通り、フリュードの猛将、将軍ラーファエル・キヴァリ侯爵の嫡男。しなやかな体躯に母親のキヴァリ夫人の血を濃く受け継いだ甘やかな容貌は、王宮でも評判の美丈夫。年頃の貴族子女から熱烈な眼差しを向けられていた。
 今回、シトゥルーナの護衛として小隊を率いているが、本来は一個連隊の隊長で、有力貴族の同行もなく単身で敵国のサラストに赴く王女の身を案じ、名乗り出たのだそうだ。
 シトゥルーナは出立前に兄王エドヴァルドと交わした言葉を思い出す。
『ルーナ、この先、誰も信じるな。良いな。今後お前の身はサラスト王が守ってくれる』
 意味がわからなかった。誰も信じるな、となぜそこまで言われるのか、しかも戦をしてきたサラスト王が守ってくれるとまで。いや、婚姻すれば妃を守るのは、当然か。
 迷いはなかったと言えば嘘になる。それでも兄王の焦燥にも似た真剣な眼差しに頷いた。自分をルーナと呼ぶ大好きな兄のためなら。両国の未来のためだと信じ──。

※この続きは製品版でお楽しみください。

関連記事

  1. 【試し読み】二度と離さない~再会した元上司の執着愛にとらわれて~

  2. 【試し読み】覚えてないから、女王辞めていいですか!?

  3. 【試し読み】魔法の媚薬と野獣たち~2匹の幼なじみに狙われてます~

  4. 【試し読み】強引な義兄に守られた花嫁は溺愛に揺蕩う

  5. 【試し読み】敵国王子との政略結婚は一途な初恋に染められる

  6. 【試し読み】完璧一途な彼の溺愛にとかされまして

  7. 【試し読み】婚約破棄の甘やかなる事情~黒獣は無垢な婚約者を淫らに味わいたい~

  8. 【試し読み】私たち、見せかけの夫婦です~御曹司との期限付き偽装婚は極秘に願います~

  9. 【試し読み】偽装の恋人~年下ドクターに甘く癒されて~

Bookstore

dブックロゴ

bookliveロゴ

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。