【試し読み】永遠にあなただけを想い続ける~日陰の王女と愛を乞う騎士~

作家:朧月あき
イラスト:みずきひわ
レーベル:夢中文庫プランセ
発売日:2020/12/25
販売価格:800円
あらすじ

ラインハルク王国の第三王女リリアは「日陰の王女」と揶揄され王宮の誰からも蔑まれて生きてきた。リリアが15歳になり、その護衛に騎士見習いのアレックスが任命されると彼はリリアの心の支えとなり、二人は姉弟のように固い絆で結ばれる。しかし戦争が始まるとアレックスは戦地へと送り出され、命を落としてしまう。アレックスを亡くして7年、リリアは婚約者ブルーノのために生きることを決意するのだが、ある時、リリアの前に隣国デズウェルの辺境伯となったアレックスが姿を現す。「あなたにお会いすることだけを夢見て、生きてきました」──戦死したはずのアレックス。リリアは自身の気持ちが彼へと向いていることを自覚してしまい……?

登場人物
リリア
「日陰の王女」と揶揄され蔑まれているが、聖母のように慈悲深く優しく強い心を持っている。
アレックス
寡黙な護衛騎士。リリアとは姉弟のように固い絆で結ばれていたが、戦地へと送り出され離れ離れに。
試し読み

プロローグ

 血と汗と熱気の中で、アレックスはがむしゃらに剣を振るっていた。
 いくらなぎ倒しても、敵はどこからともなく現れ、血気盛んに斬りかかってくる。
 立ち昇る砂ぼこりが、視界を遮る。地響きのような男達の怒号と、剣と剣の擦れ合う金属音だけが、しきりに辺りに響いていた。
 日頃の鍛錬たんれんなど、たいして役立たないと思い知らされる。敵味方なく入り乱れる戦場において生き残れるか否かは、結局のところ、運命次第なのだ。
(死んでなるものか)
 無我夢中で剣を振るいながら、アレックスは心の中で繰り返した。
 こうして果敢に攻め入っている間も、敵味方関係なく、次々と男達が足もとに倒れ込んでいく。まさに、死と紙一重かみひとえの状態。
 それでもアレックスは、絶対に死ぬつもりなどなかった。
 たとえ最後の一人になろうとも、必ず生き抜くと決めたからだ。
 この場で死ぬ運命なのなら、運命さえも変えてみせる。
 彼女に約束したからだ。生きて、再び会うことを。
(もう一度あの人に会うためなら、なんだってやってやる)
 敵の一太刀が、アレックスの頬を掠める。
 鋭い痛みとともに、血の香りが鼻先に漂った。頬が切れたのだろう。
 唇まで垂れてきたそれを舌先で舐めとると、アレックスは斬りかかってきた男を新緑の瞳で鋭く睨みつけ、素早く剣を振り下ろした。
 低い唸り声を上げた男が地面に倒れ込むと同時に、背後から、別の兵士が襲いかかってきた。アレックスは素早く振り返ると、血眼になって剣を振り上げる彼の腹部に斬りかかる。
「ば、化け物……!」
 ドサッと音をたてて、彼もまた地面に仰向けに倒れた。次なる敵に太刀打ちするために、アレックスは一度足を止めて息をつく。
 そのときだった。
 胸に鋭い衝撃が走り、急速に体が重くなる。
 足にみるみる力が入らなくなる中、どうにか視線を下ろすと、自分の胸を貫く一本の矢が目に入った。
「……!」
 途端に視界がかすみ、暗転していく。
 薄れゆく意識の中、アレックスの脳裏に浮かんだのは、愛しいひとの面影だった。
 淡い金色の髪に、琥珀こはく色の瞳。
 ──『アレックス、あなたがいいわ。私の騎士さん』
 そう優しく紡いだ、薄桃色の唇。
 顔が見たい、声を聞きたい、触れたい、触れたい、触れたい……。
 死を目前にした今、彼女を想えば激しく心が掻き乱される。
 ──『必ず生きて、再び私の前に戻ってきて……』

「リリア様……」

 この世で唯一の、俺の生きる希望────。

一章 日陰の王女と少年騎士

「あら、リリア。今頃来たの?」
「遅かったじゃない、針子はもう帰ってよ?」
 リリアが約束の時間に大分遅れて応接室に行くと、ビロードのソファに腰かけ優雅に紅茶を飲んでいたカロリーナとエステラが、クスクスと笑いながら口々に言った。
 十六歳のカロリーナと十四歳のエステラは、ここラインハルク王国の第一王女と第二王女であり、リリアの姉だ。エステラとリリアは同じ年だが、エステラの方が一か月早く生まれたため、姉という立場にいる。
「申し訳ございません、湯浴みを終えたら、ドレスがどこにもなくて……」
「それで、使用人のお仕着せを着ているの?」
「あらあら。とてもではないけど、この国の王女には見えないわ」
 二人の姉は扇子せんす越しに顔を見合わすなり、プハッと噴き出した。
 お仕着せの濃紺の質素なワンピース姿で、リリアはうつむいた。結い上げる時間のなかった金色の波打つ髪が、はらりと胸もとに落ちる。
 湯浴みを終え、着替えを手伝ってくれる侍女が、ドレスもろとも忽然こつぜんと消え途方に暮れていたところ、どういうわけか部屋の入口にこの服が置かれており、慌てて身に付けたのだ。ちょうどドレスを仕立てる針子が応接室を訪れる時間だったため、何としても行かなければならなかった。
 先日も遅刻によりドレスを仕立て損ね、レイテ王妃に『約束の時間に遅れるなど、呆れたものね』ときつく叱られたばかりだからだ。もっとも約束の時間に遅れたのは、姉達の意地悪が原因だったのだが、いつものように真相を話す隙すら与えられなかった。今日の不自然な出来事も、全て姉達が仕組んだに違いない。
いやしい血の流れているあなたにはお似合いよ?」
「あ、そうそう。約束の時間に遅れたことはお母様にもお伝えしておくわ。淑女しゅくじょらしからぬ王女には、きつくお灸を据えてもらわないとね。私達はこれからサロンだから、先に失礼するわ」
 二人の姉達は、ホホホと愉快そうに笑い声を上げながら、優雅に応接室をあとにした。
 部屋に一人取り残されたリリアは、小さくため息を吐く。
 姉達の意地悪は、今に始まったことじゃない。
 リリアが物心ついた頃から十四歳の今に至るまで、執拗に繰り返されてきたことだ。
 姉達がリリアに意地悪なのには、訳がある。リリアに流れる血が、彼女達とは半分異なるからだ。
 異国の王女だったレイテ王妃を母に持つエステラとカロリーナとは違い、リリアの母は没落しかけの男爵家の令嬢だった。貧乏貴族でありながら、王の御手つきになりリリアを身籠ったことから、母は側室として王城に迎え入れられた。
 高貴な母を持つ姉達にとって、身分の低い母を持つリリアは、蔑みの対象なのだ。
 レイテ王妃にしろ、しかりだった。何度も現場を見られたので、彼女は姉達がリリアにしてきたことに勘づいているはずなのに、何も言わない。レイテ王妃にとって、リリアは憎き側妻そくさいの娘。可愛いわけがない。
 お仕着せ姿の自分を見下ろしていたら、次第にみじめな気持ちになってきた。
 だがリリアは、唇をぎゅっと引き結ぶと、母の形見である柘榴ざくろ石のペンダントを胸もとで握り締め、笑顔を浮かべる。
 五歳のときに亡くなった母と約束したからだ。
 ──『リリア。どんなに辛い時も、笑顔と優しさを忘れないで。笑顔と優しさは、いつか必ずあなたを救うから』
 母との約束は、いつだってリリアに勇気をくれた。
 人は、幸せと思えば幸せでいられる。
 不幸と思ったら、たちまち不幸になる。
 ものは、考えようだ。
 母は病弱だったが、優しく、強い心を持った人だった。
 もう会えないけれど、今もどこかでリリアを見守ってくれていると信じている。
 リリアは気を取り直すと、足取りも軽く窓辺に向かった。
 お仕着せ姿は、窮屈きゅうくつなドレスとは違い、身動きがとりやすい。それだけで、こんなにも足取りが軽くなるのかと、リリアは気持ちを弾ませる。姉達の意地悪がなければ知らなかったことだから、むしろ感謝しなければならない。
 この応接室は二階に位置していて、窓を開ければ、ラインハルク城の広大な敷地が一望できた。
 幾重もの円状に広がる花壇では、色とりどりの花々が見事に咲き誇っている。春の光に照らされ生き生きと輝く緑の芝生。あちらこちらに点在する、清らかな水しぶきを上げる噴水。
 見事な庭は、自然を愛した母が、生前に整備したものだ。
 優しくそよぐ春風に母の息吹を感じて、リリアはますます満ち足りた気持ちになる。
 目を閉じ、新緑の匂いを肺いっぱい吸い込んだあとで、まぶたを上げた。
 そのとき、庭の隅で、何かが小さく揺れた。
 目を凝らすと、森へと続く道の入口に置かれた籠に、白い野ウサギが捕らえられている。誰かが仕掛けた罠にかかったのだろう。
「かわいそうに……」
 リリアは、ウサギをあわれんだ。
 この城において、動物は人間の私欲を満たすだけの存在だ。
 たとえ長年騎乗きじょうした馬であろうと、老いてしまえば平気で食す。暴君と名高い父王いわく、それが世の摂理というものらしい。
 あのウサギが誰かに見つかれば、たちまち食料にされるだろう。毛を剥いで、献上品として姉達に贈呈される可能性もある。姉達は、煌びやかな宝石と同じくらい、動物の毛でできた襟巻を好んで身に付けているからだ。
 そんなことを考えているうちに、黒髪の少年が、捕らわれの身のウサギに近づいてきた。粗末な生成きなりの上下服を身に付け、腰には使い古されたサーベルを帯剣している。
 恰好からして、騎士見習いのようだ。体つきは華奢で、手足も枝のように細く頼りなく、十歳ほどにしか見えない。だが騎士見習いになれるのは十二歳からなので、実際はもう少し年上なのだろう。
 リリアは、やるせない気持ちになる。
 少年は、おそらくウサギを食料にするだろう。
 騎士見習いの待遇はすこぶる悪く、食事すら充分に与えられないことも多々ある。そのため、彼らはいつも飢えた目をしていた。彼らが貪った野ウサギや野鳥の残骸がそこかしこに転がっている光景も、珍しくはない。
 一方で、王女や王妃付きの侍女、もしくは護衛騎士になれば、王族と違わぬほどの贅沢ができた。だから誰もが、レイテ王妃、そしてエステラとカロリーナへのおべっかをやめない。
 ──ところが。
 リリアの予想に反し、少年はウサギの耳を掴んで籠の外に出すと、すぐさま手を離した。ウサギは自由を歓喜するかのように、ピョンピョンと軽快に飛び跳ねながら森の奥へと駆けていく。リリアがあっと思ったときにはもう、白い毬のような後ろ姿は視界から消えていた。
(逃がしたの……?)
 驚いているリリアに気づくこともなく、少年はウサギが消えていった方向をいつまでも見ている。
「もう、こんなのに引っ掛かるなよ!」
 あどけなさの残る声が、風に乗り、微かにこちらまで聞こえた。
 リリアは、思いがけずあたたかい気持ちになる。
 この城は、優しさとは無縁だ。
 レイテ王妃は、民衆から税を搾り取り、贅の限りを尽くしている。城内のそこかしこを高価な調度品で飾り立て、豪勢な料理を堪能し、夜な夜な宴を開いては豪遊していた。
 それだけではない。自分を飾ることが大好きなレイテ王妃は、毎日十着はドレスを仕立て、色とりどりの靴を新調している。一度履いた靴は、その日のうちに捨てるのが彼女のこだわりだ。
 エステラとカロリーナも、レイテ王妃然りだった。リリアだけがドレスの仕立ては月に一度と決まっていて、それも姉達の意地悪によって阻まれている。
 レイテ王妃と二人の姉はいつも横柄で、使用人をまるで奴隷のように扱う。
 今のこの城は、人に優しくない。
 優しかったのは、使用人をいつも気遣い、慈善事業に精を出していた母だけだった。
 だが、その母はもうこの世にいない。
 だからリリアは、久しぶりに人の優しさに触れ、幸せな気持ちになっていた。
「おいアレックス、稽古が始まるぞ! ただでさえ足手まといなんだから、ちんたらするな!」
 どこからともなく、荒々しい男の声がした。
 少年が、声のした方へと顔を向ける。そのあとで、何かを感じたのか、ハッとしたようにこちらを見上げた。距離を隔てて、少年がリリアと目を合わせる。
 だが少年は、お仕着せを着ているリリアが、王女だとは思いもしなかったようだ。
 眉をひそめると、スッと視線を外し、足早にその場から立ち去った。
(アレックスという名前なのね)
 あたたかい気持ちにさせてくれたあの少年のことを、覚えておこう。
 騎士の館の方へと遠ざかっていく彼の背中を見送りながら、リリアはそう心に誓ったのだった。

 ここラインハルクの王族は、十五歳になると、護衛騎士をつけなければならない。
 十七歳のカロリーナにはとっくに護衛騎士がいて、リリアと同じ十五歳のエステラも、先月選んだばかりだ。
 次は、数日後に十五歳になるリリアの番だった。
 護衛騎士は、王女が騎士の館に赴き、二十歳以下の騎士達の中から気に入った者を直々に任命することによって決まる。
 大臣に誘導され、騎士の館へと続く回廊を歩みながら、リリアは憂鬱ゆううつな気持ちになっていた。
 本来、騎士達は、誰もがこぞって王女の護衛騎士になりたがった。
 王女に気に入られれば、衣食住の贅沢ができるだけでなく、兵役が免除される。そのうえ配偶者に選ばれれば、高貴な爵位を得られるからだ。実際、現国王の妹は護衛騎士を夫に選び、彼は侯爵位を賜った。
 そのため、騎士達は、王女のおべっかに必死だった。
 ところが、それはカロリーナとエステラに対してであって、リリアは例外だった。
 リリアが王妃と二人の姉に蔑まれているのは、城内では周知の事実であり、使用人や騎士達までもが彼女を見下していたからだ。
(誰も、私の護衛騎士になんかなりたくないでしょうに)
 護衛騎士をつけても、何の後ろ盾もないリリアは、贅沢をさせてやることができない。
 選んだところで、うとまれるに決まっている。
「どうぞ、お入りください」
 大臣は騎士の館の扉を開くと、リリアに事務的に告げた。
 騎士の館とは、王城を囲むように建てられた要塞城で、騎士達の居室から稽古場に至るまで、ありとあらゆる設備が備っていた。本来は女人禁制だが、王族だけは例外として、入城を許されている。
 重々しい石造りの扉をくぐり、薄暗い廊下を行けば、ホールにはすでに若い騎士達が集っていた。さすが日々鍛錬を積んでいるだけあり、誰もが逞しい体をしていて、乱れなくズラリと並んでいる様には圧倒される。
 だが思った通り、誰もが気のない顔をしていて、今回の任命式にはまるで関心がないことがうかがえた。
「リリア様。どうぞ、お好きな者をお選びください」
 大臣の態度も、一国の王女を相手にしているとは思えないほど投げやりだった。彼にしろ、おべっかを使ったところで何の見返りもないリリアとは、長く一緒にいたくないのだろう。
 リリアは騎士達の顔を順々に見ながら、ゆっくりと歩き出す。
 歓迎されていない空気がひしひしと伝わり、息が詰まりそうだった。
 一度足を止めると、ひと呼吸おいて息を整える。
 ──『リリア。どんなに辛い時も、笑顔と優しさを忘れないで。笑顔と優しさは、いつか必ずあなたを救うから』
 記憶の中の母の声に導かれるように胸もとの柘榴石を握り締め、リリアは笑顔を浮かべた。
 突然にこやかになったリリアに、騎士達は訝しげな視線を注いでいる。
 だが、気持ちを切り替えることには成功したとはいえ、護衛騎士選びは難航した。
(誰を選べばいいの……?)
 決められないまま、リリアはついに最後列に辿り着く。
 そして、唯一見覚えのある騎士を見つけて目を見開いた。
 この中の誰よりも、小さくて線の細い体躯。
 以前見たときよりはいくらか成長しているものの、相変わらず頼りなさそうな外見だ。
 サラサラの黒髪に、新緑のような澄んだ瞳を持つ彼は、およそ一年前にウサギを助けたあの少年だった。
 名前はたしか──アレックス。
(お母様の言う通り、笑顔を忘れなかったから、いいことがあったのね)
 リリアは、迷わず彼の前で足を止めた。
 アレックスが、眉をひそめてリリアを見る。
(よかった。まだ辞めていなかったのね)
 ラインハルク城の騎士見習いは、冷遇さゆえ、辞める者があとを絶たない。あれきり彼を見かけなかったので、騎士見習いを辞したのかもしれないと残念に思っていたが、杞憂きゆうだったようだ。
「アレックス」
 リリアが名を呼べば、アレックスは驚いたように肩を揺らした。王女が自分の名を知っているとは、思いもよらなかったのだろう。
 新緑の瞳はよく見れば中心が金色で、オオカミを彷彿とさせる。顔形は美しく整っているが、男らしさよりあどけなさの方が勝っていて、幼子に対するような親しみを覚えた。
 リリアは迷わず、彼に微笑みかける。
「あなたがいいわ。私の騎士さん」
 彼がいい。むしろ、彼以外は考えられない。
「アレックス? ……どれどれ」
 リリアに付き従っていた大臣が、指先を舌で舐め、持っていた書簡をめくる。
「あった、これですな。アレックス・レノン・バルカス、十三歳。……リリア様、彼はまだ騎士見習いですぞ? それに、出自もあまりよろしくない。デズウェル国の流民の子供です。母親がバルカス子爵の後妻となったため、養子として迎え入れられてはいますが……」
 当の本人を目の前にしながら、大臣は歯に衣着せぬ物言いだ。
「彼がいいの。騎士見習いでも、流民でも構わないわ」
 戸惑っているアレックスの瞳を真っすぐに見つめながら、リリアは言い切った。
 やれやれと大臣は頭を掻いた末、「まあ、リリア様ですしの……」と小声で呟く。
 カロリーナやエステラの護衛騎士であれば問題だがリリアであれば構わない、という意味合いなのだろう。
「分かりました。許可いたしましょう。アレックス・レノン・バルカス、前へ」
「はい……」
 アレックスは強張った声を出すと、指示通り、一歩前に進み出た。リリアより背は低く、近くにいると姉弟のようだ。そんな二人を揶揄してか、どこからともなくクスクスという嘲笑の声が漏れる。
「そなたを、ここラインハルク王国の第三王女、リリア姫の護衛騎士に任命する。忠義を尽くすのだぞ。そしてなるべく早く騎士に昇格できるよう、日々精進しなさい」
「……かしこまりました」
 アレックスは片膝を地面につくと、リリアに向かってぎこちなく頭を下げた。

※この続きは製品版でお楽しみください。

関連記事

  1. 【試し読み】年下の求婚者は無垢な淑女を淫らに愛したい

  2. 【試し読み】ふきげんなご主人様と死にたがり聖女の幸せな結末

  3. 【試し読み】没落令嬢は身体を張って(!?)官能小説家を育てます!

  4. 【試し読み】恋に目覚めさせたエリート社長の情熱アプローチ

  5. 【試し読み】嘘つき上司の都合のいい彼女~恋人役を命じられました!~

  6. 【試し読み】ずっと好き~ツンデレ同期との初恋事情~

  7. 【試し読み】お月さまに願いごと三回~幼馴染との恋は不器用で~

  8. 【試し読み】お嬢様は初恋の騎士を落としたい~既成事実をつくってみせますわ!~

Bookstore

dブックロゴ

bookliveロゴ

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。