【5話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

作品詳細

『それはもちろん俺に実力があって、お前に実力がないからだろ?』
『なっ……! 失礼な!!』
 ムキになって俺の肩を叩く片岡が、やっぱり可愛くてまたからかいたくなる。
 それが次第にエスカレートしていき、俺の愛情は間違った方向へ進んでいく羽目になる。
 それは六年たった今も変わらない。

「聞いたよ、虎。すごいな、またお前の企画案が採用されたんだって?」
「まぁな」
 企画会議の次の日、唯一片岡への気持ちを知っている優と、社員食堂へ来ていた。
 営業に出ていた優を待って遅れて行くと、すでに社員で席は埋まっていた。
 今日はなにを食べようかとメニューを吟味していると、優が呆れた口調で聞いてきた。
「それで? 今回もまたお前のお望み通り、片岡は悔しがっていたんだ?」
「あぁ、昨日も最高に可愛かった」
「可愛かったって……」
 隣でため息を漏らす優を尻目に、昨日の片岡の様子を思い出すと顔がニヤける。
 日替わり定食を注文すると、優も同じものを頼んだ。トレイを手に出来上がるのをカウンターで待っていると、優は憐みの眼差しを向けてきた。
「お前さ、いい加減素直になったらどうだ? 虎の言う通り片岡は可愛いんだ。そのうち誰かに奪われるぞ?」
 味噌汁や漬け物を受け取りながら優は釘を刺してくる。でも優には悪いけれど、俺の心には響かない。片岡が誰かに奪われる心配など皆無だから。
「誰にも奪わせるかよ。俺がずっと素直になれず、からかってばかりだと思っていたのか? 気づかれずにあいつに寄ってくる悪い虫は、今までたくさん駆除してきたから。もう今さらあいつに近づこうなんて思う男はいねぇよ」
 一番近くで仕事をしていたら嫌でも気づいた。片岡に近づいてくる男に、下心があるかどうかが。
 そのたびに俺は片岡との親密ぶりを見せびらかし、圧力をかけて牽制してきた。おかげで今、本社で片岡に近づく男はいないと思う。
「ただ単に片岡の反応が可愛いから、からかっていたんじゃない。さり気なく身体に触れたり、あいつを怒らせて俺の身体を叩かせたりして、バカップルを演じてきたからな」
 鼻を鳴らして笑うと、再び優は深いため息を漏らした。
「虎お前……頑張る方向、激しく間違っているぞ? そんなに好きならさっさと告白すればいいだろうが」
 もっともなことを言われ、俺はなにも言えなくなる。
 自分でも理解している。六年もずっとそばにいて、想いを募らせてきたんだ。今のままでは永遠にあいつにとって俺は、気心が知れている同期止まりだと。
「それができたら、こんな苦労してねぇよ。……仕方ねぇだろ? あいつは俺のこと、男として見てねぇんだから。勝算がない戦に出られるか」
「出ないと、本当の負け戦になるぞ?」
「……わかっている」
 すべてのおかずを受け取り、先に歩き出した優の後を追う。
 周囲からは〝ケンカップル〟と言われ、付き合うのも時間の問題……なんて言われて正直自惚れている。けれど、実際の俺と片岡は付き合ってなどいないし、その気配すらない。周囲が勝手に思って噂しているだけだ。
 片岡との距離を縮めるには、俺が動くしかない。……だが、長年同期でなんでも言い合えるポジションを失うかもしれないと思うと、その一歩が踏み出せずにいた。
 それは恐らく、出会ってからずっと片岡に彼氏がいないからかもしれない。まだ大丈夫、どこかでそんな安心感を抱いているから。
 足を止めて食堂内を見回しながら、優と空いている席を探すが、なかなか見つからない。
 少しして優が、付き合って一年になる彼女の井口と、一緒にいる片岡の姿を見つけた。
「あ、ちょうどいいじゃん。ふたりのところ席が空いているし行こう」
「あぁ」
 片岡とは数え切れないほど食事を共にしてきた。でも毎回隣に座るたびに緊張するんだ。でもきっと距離が近いだけで心をかき乱されているのは、俺だけなんだろうな。
 そう思うと虚しくもなるが、好きな子の隣に座って食事をできるのは嬉しい。
 優と共にふたりの元へ近づいていく。するとあと三メートルというところで、急に片岡が声高らかに言った。
「仕事で負けている分、恋愛では負けたくない。櫻井以上にカッコよくてデキる相手をゲットしてみせる!」
 両手拳をギュッと握りしめて宣言する片岡に、俺の思考回路は完全に停止。
 ……は? ちょっと待ってくれ。片岡……今、なんて言った? 俺以上にカッコよくてデキる相手をゲットしてみせるってことはつまり、彼氏を作る宣言をしたってことだよな?
 必死に頭をフル回転させて分析し終えると、サッと血の気が引く。

作品詳細

関連記事

  1. 【26話】堕ちて幸せ!?~復讐に燃える完璧令嬢は魔王の花嫁になりました~

  2. 【5話】恋甘キッチン~溺愛社長の一途な独占欲~

  3. 【49話】恋甘キッチン~溺愛社長の一途な独占欲~

  4. 【1話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

  5. 【3話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

  6. 【21話】クールな鬼上司の恋人モードは、甘々溺愛が止まりません

  7. 【24話】堕ちて幸せ!?~復讐に燃える完璧令嬢は魔王の花嫁になりました~

  8. 【52話】恋甘キッチン~溺愛社長の一途な独占欲~

  9. 【18話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

Bookstore

dブックロゴ

bookliveロゴ

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。