【27話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

作品詳細

「私も正直、櫻井のことが気になるし、好きなのかもしれないって思うよ? でもまだ思うだけでたしかな気持ちじゃない。それなのに曖昧な関係のままでいいのかなって思って……」
 うまく言い表すことのできない気持ち。思うがままを口にする私の話に口を挟むことなく、真理は聞いてくれている。
「広報の人たちの言う通り、今のままじゃ櫻井に悪いのかもしれない。もし、私が櫻井の立場だったら、待つのはやっぱり辛いから。でも辛いってわかっているのに、答えが出ないの。私を想ってくれている気持ちと同じくらい、私も櫻井のことが好きかわからない」
 だからちゃんと返事ができずにいる。本当、どうしたらいいのかわからない。
 すると真理は「うーん……」と唸りながら、私を見据えた。
「菊は自分の気持ちがわからないって言うけど、もう答えは出ているんじゃないの?」
「え……?」
 どういうこと?
 首を傾げる私に真理は頬を緩めた。
「菊が櫻井を避けるのは、今のままじゃ櫻井を傷つけるだけだって思うからでしょ?」
「……うん」
 彼女の問いに頷くと、真理は満面の笑みを浮かべた。
「普通はさ、なんとも思っていない相手だったらそこまで悩まないんじゃないの? 断ることに罪悪感を抱くかもしれないけど、きっぱり断るでしょ? でもそれができず、櫻井の気持ちになって思い悩んでいる時点で、菊は櫻井のことが好きなんじゃないの?」
 好き……? 私が櫻井を?
 自信たっぷりに言われても、ストンと胸に落ちてこない。
「その顔じゃまだ、自覚できていないみたいね」
 片眉を上げて渋い顔をする真理に、慌てて口を開いた。
「当たり前じゃない、そんなすぐに気持ちを認められるわけないよ。だってすぐにわかるようなことじゃないし……」
 言葉を濁すと、真理は息を漏らした。
「すぐわかることだから、一目惚れがあるんじゃないの? 一瞬で異性に心を奪われる人だっているんだよ? 私は菊が自覚していなかっただけで、ずっと櫻井のことを好きだと思っていたけど」
「そうなの!?」
 まさかの話にギョッとする。けれど真理は冷静で大きく首を縦に振った。
「優だって同じ。ずーっと私たち、ふたりは両想いだと思っていたから。それなのになかなかくっつかなくて、ヤキモキしていたし」
 真理と矢神くんが、私と櫻井に対してそんな風に思っていたなんてびっくりだ。
 呆然となる私に真理は畳み掛けてきた。
「菊の悩む気持ちもわからなくないけど、今のままでいいの? グズグズ悩んでいる間に、誰かに櫻井を取られても」
「えっ?」
「だって櫻井、今社内ですっごい大人気じゃない。うちの経理の後輩でも櫻井のこといいって言っている子がいるもの。菊が悩んでいる間に、櫻井が他の子と付き合いはじめてもいいの? それでも菊は、櫻井を避け続けるつもり?」
 厳しい口調で質問を投げかける真理に、櫻井の顔が浮かぶ。そして自分自身に問いかけた。
 どうなの、私……。櫻井が私以外の子を好きになって、付き合うことになったとしたら。
 今は自分にだけ向けられている甘い眼差しも、優しさも笑顔も、全部他の子に取られちゃっても平気なの?
 問いかけてすぐに答えは出る。……そんなの嫌だ。
 櫻井の隣に立つのは自分でありたい。今までのように言いたいことを言い合って、笑い合って助け合って……。
 この先もずっと一緒にいたい。彼の笑顔も眼差しも、向けられるのは自分だけであってほしい。
 やだな、どうして私……ずっと思い悩んでいたんだろう。答えは簡単だったじゃない。
 真理の言う通り、こんなに悩んでいたのは、櫻井のことが好きだったからなんだ。うまく話せなくなっちゃったのは、好きだから。
 そうだよ、誰かを好きになると時に気持ちとは矛盾する言動に出ちゃうこともあった。恋愛するのが久しぶりすぎて、すっかり忘れていた。
 負けず嫌いな性格が災いして、好きな人の前では素直になれなかった。自分だけ好きなのが悔しくて、冷たい態度をとったりしていたよね。
 やだな、大人になっても誰かを好きになった時の言動が変わらないなんて。
「その顔だと、やっと自覚したようね」
 私の顔を覗き込み、真理はホッとした顔を見せた。
「うん、ありがとう真理。……それでその……」
 自覚した以上、早く自分の気持ちを櫻井に伝えたい。でも今日は真理と久しぶりに飲みに行く約束をした手前、言い出しにくい。
 けれどさすがは真理で、すぐに私が言いたいことに気づいたのか、強く私の背中を叩いた。
「いいよ、また今度飲みに行こう。……今度は四人でさ」
「真理……」
 真理は再び私の背中を叩き、「さっさと告白してこい」と言って送り出してくれた。
「ありがとう、真理。この埋め合わせは今度必ずするから」
 感謝の想いを伝え、控室を飛び出した。
 まだ櫻井、会社に残っているといいんだけど……。私がオフィスを出た時、彼は仕事をしていた。だからまだ帰っていないと思うけれど、不安になる。
 どうしても今すぐに気持ちを伝えたいから。

作品詳細

関連記事

  1. 【3話】クールな鬼上司の恋人モードは、甘々溺愛が止まりません

  2. 【5話】クールな鬼上司の恋人モードは、甘々溺愛が止まりません

  3. 【2話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

  4. 【28話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

  5. 【4話】堕ちて幸せ!?~復讐に燃える完璧令嬢は魔王の花嫁になりました~

  6. 【23話】堅物夫(仮)を恋に落とす方法

  7. 【2話】クールな鬼上司の恋人モードは、甘々溺愛が止まりません

  8. 【29話】クールな鬼上司の恋人モードは、甘々溺愛が止まりません

  9. 【5話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

Bookstore

dブックロゴ

bookliveロゴ

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。