• HOME
  • 毎日無料
  • 【52話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

【52話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

作品詳細

 フィオーナも手を伸ばして、ウォルトの屹立をそっと握り込んだ。彼が指を動かすのに合わせて上下にしごくと、それはたちまち怒張して存在感を増してくる。
「あ、ふっ……、ンン……っ」
 決して強くない緩やかな刺激なのに、蕩けそうに気持ちよくて、フィオーナはウォルトの肩口に頭を預けて、与えられる快感に酔いしれた。
 ウォルトも気持ちよさそうに息をついて、フィオーナの愛撫に身を委ねる。
 淫靡な雰囲気が浴室を満たして、湯の温かさも相まってのぼせてしまいそうだった。
「んっ、んあぁあ……! う、ウォルト様、もう……」
「僕も早く挿りたい。いい?」
「ん……」
 気恥ずかしさにうつむきながらもこくりと頷くと、ウォルトはフィオーナの腰をゆっくり持ち上げ、自身の屹立の真上に導こうとする。
 いつか彼が言っていた、ウォルトの上に跨がるような形になることに気づいて、フィオーナは真っ赤になった。
「あ、こ、このまま……?」
「そう、このまま腰を下ろして、繋がってきて」
「ええっ……?」
 びっくりすると同時に、できるかしら? という不安が湧いてくる。だが寝台と違い浴槽の中では、お互い横になることはできないし、このまま繋がるのが一番だろう。
 覚悟を決めたフィオーナは、ウォルトの肩に手を添えて、彼が言うままそろそろと腰を落とす。だが緊張のせいか、挿入を待ちわびるはずの蜜口はきゅっと狭くなって、異物を受け入れようとしない。
 それどころか屹立がずるりと滑ってしまい、思わぬ刺激を受けた花芽が鋭い快感を発してきた。
「きゃあぁう……!」
「フィオーナ、息を吐いて、ゆっくりでいいから」
「は、い……、んん……!」
 何度か同じように狙いが外れて、思いがけぬ快感に見舞われ息を荒げてから、フィオーナは恥じらいつつも、秘所に指を添えて腰を落とすことを思いつく。
 自らの指先で蜜口を左右に開くのは恥ずかしかったが、なんとか彼の亀頭に狙いを定めた。
「く、ふっ……んあぁああ……っ!」
 膨らんだ傘の部分を呑み込めば、あとは腰を落とすだけでするりと挿ってきた。真下から奥を押し上げられる感覚にくらくらするが、無事に挿ったことにはほっとする。
 ウォルトもフィオーナをいたわるように髪を撫でて、頬にちゅっと口づけてきた。
「上手にできたね。君の中は今日も熱い……お風呂のお湯よりずっと気持ちいい」
「んっ……、あ、う、動かないで……っ」
 息を整え、彼の形が馴染むのを待っていたフィオーナは、ウォルトがさっそく腰を使い始めたのを感じ目を見開く。せっかく収めた肉棒が半ばまで抜け、それからずんっと突き入れられた。
「あぁん!」
 繋がったところから脳天まで抜ける刺激に、フィオーナは思わず艶やかな声を漏らしてのけ反ってしまう。
 下肢からの刺激だけでもたまらないのに、身をかがめたウォルトに乳首を吸い上げられて、蜜壺がきゅうきゅうとすぼまった。
「ひあっ、あぁ、あふっ……、ンン……っ!」
「すごいな、中が……締まって……っ」
 ツンと尖った乳首に舌を絡ませながら、ウォルトがかすかに笑う。そのあいだも下からずんずんと突き上げられ、フィオーナは喜悦にガクガクと震え続けた。
「だっ、て……ウォルト、さまが、……あぁあんっ……、突いて、くるから……!」
「じっとしていられないんだ。君の中が……よすぎて……」
「そんな……ふああっ、あんっ、んぅ、ンン……!」
 感じすぎるあまり後ろに倒されそうになって、フィオーナは必死にウォルトの首にしがみつく。そうすると乳首を吸い上げる彼の頭をいっそう引き寄せる格好になって、まるで自分から誘っているようだと気づき、恥ずかしくてたまらなかった。
「はぁっ、あぁあ、も……っ、ウォルト様……ンン……!」
「フィオーナ、イきそう?」
「んっ……!」
 口元を抑えながらこくこくと必死に頷く。
 濡れた銀の髪を掻き上げて、ウォルトは艶やかに微笑んだ。
「もう少し楽しみたいけれど、怪我の手当もあるから、ここまでにしよう」
「――ひぁああん!」
 ずんっ、とひときわ奥まで突き入れられて、フィオーナはびくんっと全身を強張らせた。
「は、はぁっ、そんな……!」
「なるべく早く僕もイくから。少しだけ付き合って……!」
「ひっ、あぁああ……! だめっ、激し……っ、んぁああああ――ッ……!」
 フィオーナの腰をしっかり抱き寄せ、ずんずんと力強く突き上げてくる。身体ごと上下に揺さぶられるほどの律動に、フィオーナはたちまち翻弄された。
 お風呂のお湯もバチャバチャと派手に波打つ。いくらか浴槽の縁からこぼれて、タイル敷きの床を濡らしていた。
「ふぅっ、ん、ンン――ッ……!」
 唇に食らいつかれて、フィオーナは夢中で押し入ってきた舌に舌を絡ませる。
 上でも下でも深く繋がって、激しく揺さぶられて、あっという間に限界がきた。
「も、もう……っ、んあぁっ、ひあ――ッ……!」
 唇を合わせておくこともできず、フィオーナはウォルトの頭を掻き抱いたまま大きくのけ反る。
 ウォルトも低くうめいて、フィオーナの身体を強く引き寄せた。肌という肌が密着して、お湯よりずっと熱いお互いの身体に酔いしれる。
「あぁあああ――ッ……!!」
 頭が真っ白になるほどの快感が迫って、フィオーナはガクガク震えながら悲鳴を上げる。
 ウォルトもうめいて、ぐっと腰を押しつけてきた。限界まで張り詰めた肉棒がビクビクと震えて、熱い白濁を存分に噴き上げる。
「あ、あぁ、熱い……っ」
 身体の奥へ注ぎ込まれる欲望の濃さに、震えながらつぶやくと、息を荒げていたウォルトが「僕も」と短く笑った。
「せっかく洗ったのに……お互い汗だくだ」
 ちゅ、ちゅ、と軽い口づけを交わして、ウォルトはゆっくりフィオーナの腰を持ち上げる。なんとか膝立ちになったフィオーナは、彼の肉棒がするりと抜けていくのを感じ、思わず胴震いした。
「もう一回洗ってあげようか?」
「いっ……いいです。また繰り返しになりそう」
「僕はそれでも構わないけど?」
「ウォルト様っ」
「冗談だよ。怪我の手当てをしなくちゃね」
 軽口を叩きながらも、情事特有の甘い倦怠感に包まれて、フィオーナは自然と口元をほころばせる。
 ウォルトも同じ表情になって、再びフィオーナの唇に口づけた。
 継母の毒に当てられた心身が、愛に満ちたふれあいによって浄化される。気づけばしみじみとした幸せが迫って、感極まったフィオーナはまた少しだけ泣いてしまった。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。