• HOME
  • 毎日無料
  • 【39話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

【39話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

作品詳細

「い、いけませっ……、だ、だめっ、舌、挿れちゃいやぁぁあ……!」
 涙声になって懇願するも、ウォルトは舌を出して、蜜口の中まで差し入れてくる。浅いところをぐりぐりと舌でえぐられて、フィオーナは首を激しく打ち振った。
「あぁっ、や、あぁ! だめっ、……あぁああんッ!」
 ウォルトの頭を押しのけるどころか、彼の金髪を掴んで激しく身悶えてしまう。
 快楽へ堕ちていくのが怖くてしがみついている状態なのだが、一方で彼の頭を自分の秘所にさらに引き寄せているようでもあった。
 後者だと解釈したのか、ウォルトはいっそう執拗に舌を動かして、溢れ出る蜜を啜り上げる。じゅっと濡れた音が耳を打って、フィオーナは羞恥と快感のあまり、今にもおかしくなりそうだった。
「すごいな……どれだけ舐めても追いつかないくらい、どんどん奥から溢れてきて……」
「い、言わな、で……、あぁああん、舐めちゃだめぇぇ……!」
 とうとう涙をこぼしながら、悲鳴じみた声を上げて懇願するが、言葉に反してフィオーナの腰はもどかしそうに揺れ動いている。むしろもっと舐めてとばかりにお尻が敷布から浮き上がるほどだ。
 快感にさいなまれるフィオーナ自身は気づかなくても、溢れる蜜を舐め取りながら上目遣いに妻を観察するウォルトの目に、彼女の変化はすべて映っている。
 浅い呼吸のせいで柔らかな乳房を波打たせ、トロリとした瞳で快感に溺れる彼女は、いつもの清楚な姿からは想像できないほど淫らで美しい。たとえようもなく魅惑的だった。
「も、もぉ、だめ……、イく、まったイっちゃうのぉぉ……!」
「何度でもイって。何度でも……君が快感に染まる姿を見たい」
「ひあああっ……!」
 じゅっと音を立てて蜜を舐め取り、ウォルトは舌を花芽へ滑らせる。
 すっかり充血し、蜜を纏っててらてらと光るそこを音を立てて吸い上げられた瞬間、フィオーナはひゅっと息を呑んだ。
「あ、あっ、い……――ッ……!!」
 腰を高々と持ち上げ、声も出せずに絶頂に達したフィオーナは、意識がふっと遠くなるのを感じる。あまりに深い絶頂に神経が灼き切れたように、音も匂いも遠ざかって、身体を包む圧倒的な快感だけの世界になった。
 だがそれも短い時間のことだ。意識が遠のいてもなおヒクつく蜜口に、ウォルトが指を差し入れた瞬間、フィオーナの心身は一気にそちらに集中する。
「っ……、あぁあああ……! ウォルト、さまっ……!」
「まだだよ。まだ、眠らないで。ここに僕を受け入れるまで――」
「あっ、あっ、ああっ……、はぁっ、も、……うあぁああん……っ」
 ぐちゅぐちゅと音を立てながら蜜壺を掻き回されて、フィオーナはたまらずすすり泣く。
 気持ちよすぎて、もう腰から下は少しも力が入らない。それなのにウォルトが軽く指を曲げるだけで、腰も足も面白いほどビクビク跳ねて、自分が自分でなくなるような予感に不安と興奮が同じくらい高まっていく。
 そのうちウォルトの指が感じやすい花芽の裏を擦り上げてきて、フィオーナは甘い声を上げながら、しがみついた彼の背に爪を立てた。
「も、もぅ……そこ、ああっ、いや……、いやぁ……っ」
「いや、じゃなくて。――いい、って、言って?」
「はぁっ、はっ、ふ、ううっ……」
 快感に酔いしれながら、思考が働かなくなったフィオーナは素直に言葉を紡ぐ。
「……いい……っ、いい、の、ウォルトさ……っ、あぁあああ、気持ちいい……!」
 叫んだ瞬間、快感がいっそう深く強くなった気がして、フィオーナは夢中で腰を突き上げた。
「もっと……っ、もっと、して、……ああっ、だめ、しないでっ、いやぁっ……!」
 指の動きが速くなる。絶えず湧き出る蜜がぐちぐちと音を立てて掻き出され、内腿にいくつも筋を残して溢れていく。もうお尻のほうまでたっぷり濡れて、快感に支配されたフィオーナは言葉にならない言葉を漏らして総身を大きく震わせた。
 ウォルトもこれまでにない妻の痴態に大いに煽られたようで、感じやすいところを責め立てながら、フィオーナの唇を奪って舌を差し入れてくる。溺れるひとが藁を掴むような心地で、フィオーナも必死に舌を伸ばした。
「んっ、ぅンン――ッ……!!」
 再び愉悦が決壊して、フィオーナの身を深い絶頂が襲う。体中が強張って、ウォルトの指を呑み込んだ蜜壺が、喰い締めるようにきゅうっときつく収斂した。
 お腹の奥が燃え上がるように熱くなり、ウォルトが指を引き抜いた瞬間、そのあとを追うように大量の飛沫が噴き上がる。これにはウォルトも目を丸くして驚いた。
「う、ぁ……、あぁあ……っ」
 生温かな液体が足のあいだを濡らすのを感じて、フィオーナもかろうじて正気を保てた。
 呆然と自らの下肢を見下ろした彼女は、少し遅れてひゅっと息を呑む。
「……あ、あっ、わたし……、ああ、なんてことを……っ」
 溢れ出た大量のそれは蜜とは違ってさらさらしている。おかげで粗相をしてしまったのだと思った彼女は、ぽろぽろと涙をこぼして顔をゆがめた。
「フィオーナ、違うよ、これは潮というやつだ」
「しお……?」
「僕も驚いたけど……これは、女性が感じすぎたときに出すもので、粗相ではないよ。だから泣かなくていい」
「……感じすぎたときに出す……」
 ほっとしたのも一瞬、改めてその言葉の意味を理解して、フィオーナは再び目をうるうるさせた。
「泣かなくていいのに」
「でも……恥ずかしい……」
 それでなくてもさっきから感じすぎてばかりで、相当いやらしい姿を見せてしまっている気がする。
「恥ずかしいというなら……君にふれただけでこうなっている僕のほうが、よほど恥ずかしいと思うけれど?」
「あっ……」
 手を掴まれ、ウォルトの下肢に誘導される。彼の中心はすっかり熱を持ち、下履きの中で窮屈そうに腫れ上がっていた。
 そっと撫でただけでも苦しそうにびくんっと震える男根に、フィオーナはじわじわと赤くなる。ウォルトは小さく笑って、下履きをさっさと脱ぎ捨て全裸になった。
「……あの、ここ……舐めてみてもよろしいでしょうか?」
 そのままフィオーナに覆い被さろうとしていたウォルトだが、彼女のこの一言を聞いて一瞬固まった。
「……フィオーナ、もしかしてメイドたちになにか吹き込まれた?」
「あ……、はい、あの、そうして差し上げると殿方は喜ぶのだと教えてもらって……」
 だがウォルトは片手に顔を埋め、まったく……と低い声で呟く。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。