• HOME
  • 毎日無料
  • 【38話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

【38話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

作品詳細

 足先もきゅっと丸まるが、ウォルトは意に介さず、足の股を丁寧に舌でなぞっていく。
 時折指先を咥えて、唾液を塗り込むようにちゅるちゅると舐め回した。
「あ、あぁ、だめです……、ひっ、うあぁあ……っ」
 信じられない光景に悲鳴を上げたくなるが、それ以上に思いがけず快感を感じて、フィオーナは大いに動揺する。まさかそんなところを舐められて、秘所がきゅっと反応するほど感じてしまうなんて思いもしなかった。
「あふ……っ、ん、ンン……ッ!」
 足先を丹念に舐めた舌は、そこから臑へと上がり、再び膝頭にたどり着く。優しく食まれ、ちゅっと音を立てて口づけられると、腰から崩れそうなほどの愉悦が湧き起こった。
「は、あぁあ……っ、や、ぁ、そこはぁ……っ」
 すらりとした足をビクビクと引き攣らせながら、胸の膨らみを激しく上下させて喘いでいたフィオーナは、彼がとうとう内腿にまで唇を這わせるのに気づいて、とっさに逃げを打とうとしていた。
 だが快感に支配された身体では素早く動けず、ウォルトはあっという間にきわどいところまで到達してしまう。
「いやぁ……っ」
 抵抗することもできぬまま、両方の足を左右に大きく開かれて、フィオーナはこの上ない羞恥に首筋まで真っ赤になった。
「ああ、もう、ずいぶん濡れているね」
 フィオーナの秘所をのぞき込んだウォルトが、どことなく満足げに呟くのもいたたまれない。
 だが度重なる愛撫のせいで、蜜口は絶えずヒクヒクと物欲しげにうごめき、トロリとした蜜で濡れそぼっていた。もう敷布にまでシミを作るほど、たっぷり溢れてしまっている。
 今もウォルトの視線を浴びただけで奥が期待できゅっとなり、新たな蜜が溢れていく有様だ。
 こんな状態でふれられたら、おかしくなってしまう。
 そう危惧する一方、ふれられないままにされたら、もっとおかしくなるという確信もあった。
 さわられたらきっとつらい。けれど、さわられなかったらもっと苦しい。そんなふうに思ってしまうなんて……
「ふ、ぁぁ……っ」
「どうやってさわってほしい、フィオーナ?」
 ガクガク震えてばかりの足を思わせぶりに撫でながら、ウォルトが問いかけてくる。
「ここの中、指で掻き回されたい? 舌のほうがいいかな?」
「あ、あぁ、ひぁっ……」
「ここの膨れてるところも……指で擦ろうか? それとも、舐めようか?」
 秘所に顔を寄せながら、囁き声で尋ねられ、敏感になったフィオーナはそれだけで肌をざわめかせてしまう。彼の吐息が濡れそぼった秘所にかかるだけで、さらなる刺激を求めて腰を揺すりそうになっていた。
 その上で快楽を誘う言葉をかけられれば、もう理性など保っていられない。恥ずかしさともどかしさで泣きそうになりながら、フィオーナは震える声で答えた。
「……んぶ……」
「ん?」
「……ぜんぶ、して、ほしいです……!」
 真っ赤になりながら懇願するフィオーナに、ウォルトがかすかに息を呑む気配がする。
 はしたないお願いをしてしまったと顔を覆うフィオーナだが、ウォルトはすぐにその手を取って彼女に覆い被さってきた。
「ウォルトさ……、ンン……ッ」
「そんな風に言われたら……止まれなくなってしまうよ」
 フィオーナの唇を奪って、深くまで舌を差し入れながら、ウォルトが唸るように呟く。
 わずかに低いその声にも、舌で口内を無遠慮に探ってくるのにもゾクゾクして、フィオーナは夢中で彼の首に腕を回す。ウォルトも片腕でフィオーナの細腰を引き寄せながら、もう片手で彼女の乳房を丹念に揉み込んだ。
 手の平で擦られた乳首が痛いほど張り詰め、どんどん敏感になっていく。ジンジンする愉悦が大きくなって、耐えきれなくなったフィオーナは自ら腰をウォルトの身体に擦り付けていた。
「……っ、はぁっ」
 ウォルトがなにかに耐えるように大きく息を吐いて唇を離す。同時に片手を彼女の秘所へと滑らせ、ヒクつく割れ目に指を這わせた。
「あぁんっ……!」
 入り口をひと撫でされただけで、フィオーナはびくんっとのけ反る。露わになった白い喉に、ウォルトはねっとりと舌を這わせた。
「は、あぁあ……っ」
 そして肉ビラに沿うように指を押し当て軽く擦り上げてくる。動かす拍子に指が蜜口に入り込みそうになるが、ウォルトの指先はするりと上へ移動し、包皮に包まれたままの花芽をいじり始めた。
「ひっ!」
 待ち望んでいた刺激だというのに、軽く撫でられただけでビリッとするほどの快感が走る。予想以上の感覚に思わず息を呑むフィオーナだが、ウォルトは小さく笑って、いっそう小刻みに指を動かしてきた。
「……っ、ウォルトさまっ、だめっ、……ンぁあああ――……!」
 蜜を纏った指先が、膨らんだ花芽をぬるぬると撫でてくる。優しく撫でられているだけなのにとんでもない快感がせり上がって、フィオーナはたまらずみだりがましい悲鳴を上げた。開いたままの足が大きく震えて、腰から下が蕩けそうなほど熱くなる。
「ひ、ひあっ、だめ、も……、イっちゃう……!」
 ひと撫でされるごとに快感がひらめき、渦巻く愉悦にどんどん追い詰められていく。
 最初は怖かったこの感覚も、何度もふれられて教え込まれた今では、絶頂が近いから起こるものだとすぐに理解できた。
 けれどせり上げてくる快感が強すぎて、とんでもない痴態を見せてしまうのではないかと思って恐ろしくなる。
 すすり泣きながらいやいやと首を振るが、ウォルトは容赦してくれない。むしろ身をかがめて、尖ったままの乳首まで口に含んできた。
「ひぃっ、あぁ、い……ぁあああ――……ッ!!」
 包皮を剥かれた花芽を指先できゅっとつままれ、同時に左の乳首に軽く歯を立てられて、とうとう積もりに積もった愉悦が限界を迎える。
 頭の中が真っ白になるほどの衝撃が押し寄せ、フィオーナは背をしならせて体中を強張らせた。腰が跳ねて、足がガクガクと大げさなほど震えてしまう。
 唇を大きく震わせながらぐったりと四肢を投げ出すが、そのあいだにもウォルトは身体をずらして、フィオーナの秘所に顔を寄せていた。
 彼の吐息が蜜まみれの秘所にかかった瞬間、フィオーナはハッと目を見開く。
「あ、いっ、今はだめっ……、――あぁああん!」
 慌ててウォルトの頭を押しやろうとしたが、その前に彼の舌がねっとりと濡れそぼった秘裂を舐め上げてくる。舌を上下に細かく動かしながら、ヒクつくそこを丹念に舐められ、フィオーナは腰を大きく震わせた。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。