• HOME
  • 毎日無料
  • 【37話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

【37話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

作品詳細

「すっかり勃って……本当に可愛いな」
「そ、そこで、喋らなっ……、あぁ、あっ……!」
 じゅっと音がするほど吸われ、あめ玉を転がすように突起を舌先で転がされて、フィオーナはビクビクと腰を震わせる。感じやすい乳首を舐られるだけで、肌の内側までジンジンと甘く痺れて力が抜けてしまうのだ。
「は、ぁ、……あぁ、だめ……、さわらな、で……」
 大きな手で脇腹を撫でられ、お尻の丸みをたどられる。優しく撫でられているだけなのに、性的な含みを感じて身体は勝手に反応した。
 湧き上がる愉悦の波に息を荒げて、フィオーナは唇を震わせる。
 そのあいだも、ウォルトは反対の乳首も唇に含んで、乳輪ごとねっとりと舐め上げてくる。もう一方の乳首も指先でくりくりといじられて、下腹の奥がどんどん熱く滾ってきた。
「はぁ、はぁっ……、ウォルト、さま、もぅ……っ」
「うん。僕もつらくなってきた」
 フィオーナの胸の飾りを器用に舐め転がしながら、ウォルトは手早くシャツを脱いで、脚衣も脱ぎ捨てる。そしてフィオーナのガーターベルトも丁寧に外した。
「ああ、少し痕がついちゃってるね」
「……ひぁっ、そ、そんなところ舐めな……、あぁあっ……」
 身をよじった拍子にベルトが柔肌に食い込んだらしく、腰元に赤い痕ができていた。再び身をかがめたウォルトがそこに舌を這わせたのを見て、フィオーナはぎょっと目を瞠る。
 だが身をよじって逃げようとする前に乳房を掴まれ、膨らみをやわやわと揉み込まれた。
 慣れないところを舐められる戸惑いもあり、結局は身体をビクビクと引き攣らせるだけになる。
「や、あぁ……、ひぅっ」
 そのうちウォルトの舌がお臍に移って、くぼみをえぐるようにチロチロと舐められる。
 お腹の底に直に響く刺激に、フィオーナは大きく目を見開いた。
「ひあぁっ、……ウォルト、さま……っ」
「ここも弱いんだね」
「や、やぁ、喋らな、で……」
 ウォルトの吐息が肌をかすめるだけで、今のフィオーナは簡単に感じてしまう。
 真っ白な肌を上気させて、はくはくと喘ぐ妻を愛おしげに見つめて、ウォルトは唇を下へと滑らせる。
 そのまま秘所をたどられるのかと思い、さらなる刺激を予感してわななくフィオーナだが、ウォルトの愛撫は秘所から外れ、足のほうへ降りていく。
 彼の指が太腿まである絹靴下の縁にふれるのを感じ、思わず足がひくんっと引き攣った。
「あ、あ……」
「これも、脱いだほうがいい」
 そう言いながら、ウォルトは丁寧に靴下を脱がせていく。なんと言うことはない仕草なのに、彼の指先が靴下をするすると脱がせていく光景は、信じられないほど淫らに思えて、フィオーナは恥ずかしさのあまり両手で顔を覆ってしまった。
「見ていなくていいの、フィオーナ? 今度はこっちにキスするのに――」
「え、ど、どこに……ひぅっ」
 ウォルトの唇が、露わになった膝頭にちゅっと落とされる。意外にも膝はかなり敏感なところだった。
 薄く開いた唇で膝頭をやわやわ食まれると、くすぐったいようなもどかしいような感覚が生じて、つま先がきゅうっと丸まってしまう。思わず白い喉をさらすようにして喘いだとき、片方の絹靴下がするりと足先から抜けていくのを感じた。
「もう一方も脱がないとね」
 ただ脱がせられるだけなのに、すでに心臓が高鳴りすぎておかしくなりそうなフィオーナは、ついふるふると首を横に振ってしまう。
「じ、自分で……脱ぎます……っ」
 かすれた声で言うと、ウォルトは「そう?」と言って身体を引かせる。
 てっきり「いや、僕がやるよ」と強行に脱がせられると思っていたから、フィオーナは自ら言い出したにも関わらず、思わず目をパチパチと瞬いてしまった。
「君が脱ぐ様子を見るのも、それはそれで楽しい」
 目を丸くするフィオーナに、ウォルトはにっこり笑ってそんなことを言ってくる。
 一拍遅れて意味を理解したフィオーナは、思わずかぁぁっと赤くなった。
「そ、なっ、ど、どこが楽しいのですかっ?」
「君が服を脱ぐところなんて滅多に見られないからね。どれだけ恥ずかしがってくれるのかなと思うと、少し興奮する」
「興奮……」
 ――もしかして……いや、もしかしなくても、ウォルト様って実はとても意地悪な方だったのかしら?
 そんな疑問が頭をかすめるも、一度言い出したからには後には引けない。フィオーナは羞恥で涙ぐみながらも、のろのろと身体を動かし、絹靴下の縁に手をかけた。
「う……」
 ただ脱ぐだけなのに、ウォルトが笑みを浮かべたままじっと見つめてくるから、手の平がじっとりと汗ばんでしまう。指先も震えて力が入らず、縁に指を入れるだけでずいぶん時間がかかった。
 早くしようと焦るほど指が滑るし、いざ脱ぐにしても、肌が露わになっていく光景を前にめまいを起こしそうになってしまう。
「……み、見ないで……」
「それは無理」
「うぅ……」
 目を閉じ、とにかく脱ぐことだけに集中しようとするが――
「ひっ、あぁあ……!」
 乳首を指先できゅっとつままれて、思わず高い声が唇から漏れた。
「や、や、さわってはだめです……っ」
「手持ち無沙汰だったから、つい」
「ふぁっ……」
 そのままくりくりと乳首をいじられて、とうとう指先から力が抜け落ちてしまった。
「も……、できな……」
「うん。頑張ったね。ごめん、少し意地悪をしすぎた」
 苦笑交じりに告げたウォルトは、フィオーナの鼻先に口づけ、再び彼女の足下にかがみ込む。そしてするすると絹靴下を脱がせてしまった。
 一糸纏わぬ姿になって、フィオーナは不思議と安心する。
 中途半端に肌を隠した状態だと、脱がされることを前提にしているようで、とにかく恥ずかしかった。いっそ全裸のほうが気負わずに済むとすら思えるほどだ。
 ほっとしたことで身体の力が抜けて、思わずぐったりと寝台に身を沈めていると、ウォルトが片方の足を持ち上げてくる。なにをするのだろうと目を向けたとき、ウォルトがすらりとした彼女のつま先にちゅっとキスするのが見えた。
「なっ……」
 まさかそんな場所までふれるとは思わず、フィオーナは慌てて身体を起こそうとする。
 だがその前に、ウォルトの意地悪な舌が、なんと足の指のあいだをたどり始めた。
「ひぁあっ……!」
 信じられない刺激に、フィオーナはびくんっと大げさなほど反応する。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。