• HOME
  • 毎日無料
  • 【27話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

【27話】氷姫を蕩かす熱愛~侯爵様の優しいキス~

作品詳細

 大きく上下する膨らみを軽く吸い上げ、ちゅっと音を立てて口づけられると、それだけでふれられていない乳首まで勃ち上がっていく。
 いざ乳首にふれられたら身をよじって悶えてしまうとわかっているのに、焦らすようにその周りばかりにふれられると、もどかしくてたまらなかった。
「ウォルト、さま……っ」
「どうしてほしい、フィオーナ?」
「んぅっ……!」
 花芽を強めにくりっと圧されて、フィオーナは息を詰めて腰を跳ね上げた。
「……あっ……、そ、そこ……」
「ん?」
 ウォルトの舌が乳首の近くでひらめいたのを感じて、フィオーナはつい物欲しげに肩口を揺らした。
「どこのこと? フィオーナ、言ってみて……?」
 かすれた声で甘く促されて、フィオーナはアイスブルーの瞳を潤ませた。
「……胸、の……先……、お、おねがい……」
 恥ずかしさのあまり頭が沸騰しそうになりながらも、フィオーナは震える声で懇願する。
 ウォルトは小さく微笑んで、妻の望み通りの場所に舌を伸ばした。
「あんっ……、ひあっ、ああぁあ……!」
 尖った乳首を舌先で軽く弾いてから、乳輪ごと温かな口腔に含まれる。次の瞬間ねっとりと舐め上げられて、フィオーナは大きくのけ反った。
 花芽に押し当てられていた指も三本に増やされ、蜜を塗りつけるようになめらかに擦られる。胸からも秘所からも快感が生まれて、熱いほとばしりが身体の奥から突き上げてきた。
「はっ、あぁっ、……あああぁ……ッ!!」
 湧き上がる愉悦が身体の芯を貫き、体中がビクビクと激しく打ち震えた。頭の中まで真っ白に染まって、フィオーナは息もできずに押し上げられる。
 一拍置いて強張った身体から力が抜けて、フィオーナはぐったりと寝台に沈み込んだ。指先はまだ小刻みに震えて、頭がぼうっとしてしまう。
「――上手にイけるようになってきたね」
 フィオーナの額に口づけ、ウォルトはよくできましたとばかりに彼女の頭を撫でた。
 絶頂を迎えるのはまだ数えるほどだが、最初の頃よりその感覚がわかってきたためか、戸惑いは少なかった。
 けれど恥ずかしさは拭えず、フィオーナは思わず顔を覆ってしまう。
 ウォルトはすぐにその手をよけて、彼女の唇に唇を重ねた。
「ん、ふ……、ふぁ……」
 舌の根をくすぐるように舐められ、重ねた唇の隙間からため息交じりの声が漏れる。だがキスされながら両胸の頂を指先でいじられると、悲鳴じみた声が出てしまった。
「フィオーナ……、今日はもう少し、先に進んでみる?」
「……? ……んあっ、あ……、そこは……」
 ウォルトの手が下肢へ移り、すっかり濡れそぼった蜜口のあたりを撫でてくる。かすかに震える肉びらを掻き分け、浅いところをくすぐられると、腰がびくんっと強張った。
「ここ……わかる? 蜜が溢れてくるところの入り口」
「……ん……」
「力を抜いていて」
「……? ――ふあっ……」
 入り口を撫でていた指が、前触れもなくするりと中へ挿ってくる。突然の異物感にフィオーナは全身を緊張させるが、絶頂で柔らかく蕩けた蜜壺は、入ってきた指を物欲しげにきゅうっと締めつけた。
「ふ、ぅ……」
「痛い?」
 フィオーナはふるふると首を横に振る。慣れない感覚が少し怖いが、痛みはほとんどない。けれど少し動かされると、入り口にピリッとした痛みが走った。
「んっ……!」
「少しだけ動かすね。つらかったら言って?」
 フィオーナが頷くと、ウォルトは彼女の表情をつぶさに見つめながら、ゆっくり指を動かした。
 奥深くまで挿入した指を、第一関節だけわずかに曲げる。その状態でゆっくり抜き差しされて、不思議な感覚にフィオーナはきゅっと眉を寄せた。
 だがウォルトの指の腹がある一点を擦り立てたときに、腰の奥がカッと熱くなるほどの快感が湧いて、思わず「あっ……」と高い声を漏らしてしまう。
「ここ……?」
「……あ、あ、だめ……、あぁあん……っ」
 フィオーナの反応を見逃さず、ウォルトが膣壁の一点を擦り立ててくる。ちょうど花芽の裏側に近い部分で、指を動かされるたびひらめくような快感が走った。
「う、ウォルト、さま……っ、あンン……」
 指が動くたびぬちゅぬちゅという水音も湧き上がって、フィオーナは耳まで真っ赤にして身悶える。迫りくる快感の波に内腿がガクガク震えて、身体が自然とのけ反った。
「そのまま感じていてごらん。こっちもいじってあげる」
「だめっ……、あ、あぁ、ひっ――」
 膣孔に指を差し入れられながら、手の平の付け根で花芽を圧され、内と外、両方からの刺激に涙が浮いた。その上で身をかがめたウォルトが、すっかり勃ち上がったフィオーナの乳首を交互に舐め上げてくるからたまらない。
「や、やぁ――……っ、あ、ひあっ、あぁあう……!」
 愉悦の渦に叩き込まれて、気づけばフィオーナはうわごとめいた嬌声を漏らし、体中をビクビクと跳ね上げていた。
 快楽に溺れる妻の姿に、ウォルトの愛撫もいっそう執拗になる。いつの間にか蜜壺には指が二本挿入されていて、感じやすいところをなめらかに擦り立てていた。
「フィオーナ……っ」
「あ、あぁ、だめ……っ、……いあああぁぁ――ッ……!」
 再び頭が真っ白になる絶頂がやってきて、眉を引き絞ったフィオーナは甘い甘い悲鳴を上げる。投げ出されたつま先がきゅっと引き攣り、細い身体が強張った。
 同時にウォルトの指を咥え込んだ蜜壺が大きくうねり、異物をさらに奥へ引き込もうとするように蠕動する。強烈な締めつけに、ウォルトがかすかに息を呑んだ。
「ふ……ぅ……っ」
 まだ震えを残しながら、フィオーナはぐったりと身体を弛緩させる。投げ出した四肢には力が入らず、雲の上に横たわっているように意識がふわふわしていた。
「んぅ……」
 少しして指がゆっくり引き抜かれ、放心状態から少し引き戻される。重たいまぶたを押し上げたフィオーナは、ウォルトが濡れた指先をペロリと舐めたのを見て、ぎょっと目を瞠った。
「い、いけません、そんな……」
「どうして?」
「……き、汚いです」
 秘所から溢れる蜜は排泄物とは違うものらしいが、それでも口にしていいものとは思えない。眉尻を下げて言い募るフィオーナに、ウォルトは小さく笑った。
「汚くないよ。君が感じて溢れさせたものだし」
「でも……」
「それに汚いというなら、同じ出すものでも、男のほうがいろいろと穢れている気がする」
「穢れて……?」
 首を傾げるフィオーナに、ウォルトは小さく苦笑した。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。