【26話】堕ちて幸せ!?~復讐に燃える完璧令嬢は魔王の花嫁になりました~

作品詳細

第六章 真実を知る悪役令嬢

「……あら?」
 それから数日後も、もう呪いのネタはないと言っているのに、私は魔鏡の前に連れて来られた。
 魔鏡に映ったクラリッサは随分幸せそうな顔をしていて、彼女の母とおぼしき女性と何か話している。
 笑顔が溢れ、時折りクラリッサはお腹に触れて──。
 それだけで、私はピンときてしまった。
「……赤ちゃん、できたのかしら」
「へぇ。どうせ男児を望んでいるだろうから、女児にする呪いでもかけるか」
「ほんっきで怒るわよ!?」
「やばい、ライラ目が怖い」
 私が片手を振りかざし激怒すると、さすがに反省したのかルーファスは焦った顔をする。
「生まれてくる赤ちゃんには何も罪がないんだから、冗談でもそういうこと言うのやめてよね」
「……すまん」
 それでも私の怒りは収まらない。
「もし私が懐妊して、誰かが私にそういう呪いを掛けたらどう思うの?」
「……殺してやる」
 途端、地獄の底から響くような声でルーファスが唸り、周囲の温度が下がった。
 ──目がいってるわ。
「……とにかく、そういうことだから」
 コホンと咳払いをしてごまかすと、彼も妄想で怒り狂った雰囲気を収めてスンッと大人しくなる。
 そしてすぐに、私を背後から抱きしめてきた。
「なぁ、ライラは孕んでないのか?」
「だから言い方」
「数え切れないぐらい種付けしてるんだがなぁ」
 言いながら背後から私の腹部を撫で、まだ見ぬ命に呼びかけるようにトントンとお腹をノックしてみせる。
 ──と。
「待って!?」
 私がふとあることに思い当たり、バッと顔を上げた。
 そのはずみで、ルーファスの顎に私の後頭部がゴンッと当たってしまった。
「おうふっ」
「ごっ、ごめんなさいっ」
 クルッと体を反転させてルーファスの顎を撫でると、それだけで彼は機嫌を直したようだ。
 と言っても、彼は私がしたことで怒ったことなんて一度もないんだけれど。
「……にしても、どうした?」
「そ、それよ。あの……っ。赤ちゃんができたんだとしたら、私この間とても──とても酷いことをしてしまったわ!」
 思い出すだけで、全身の血がザァッと引いてゆく。
「何だよ?」
「……私、妊婦さんを転ばせてしまったわ」
 唇がわななき、指先が冷たくなっている。
 とんでもない罪を犯したことで、私は浅く呼吸を繰り返していた。
 ハァ、ハァ、と胸の浅い場所で呼吸をし続けていると、酸欠で眉間をはじめ頭が痛くなってくる。
「あれぐらい平気だろ。足すら挫いてないんだぞ?」
「妊娠初期って大切だって、本に書いてあったもの!」
 半泣きで私は言い返す。
 そう。私は結婚後のことも学んでおこうと思って、あらゆる本を読みあさった。
 その中には妊娠した後の医療知識もあり、どうしたら健康な子を産むことができるかということも書いてあった。
 何より母体を大切にというのは、基本中の基本。
 それを──私は──!
「……っ死んでしまいたいっ……」
 かすれた悲鳴を上げ、私はその場に崩れ落ちた。
 どうしよう。
 もしクラリッサの初めての子が、流れてしまうようなことになってしまったら、どうしよう。
 私のせいだわ。
 私が──。くだらない嫉妬から、呪いをかけようなんて思ったから──。
 他人の幸せを妬んでしまったから──。
 涙が次から次に溢れ、私は激しく嗚咽する。
 魔鏡の間に私の泣き声が響き、ルーファスは黙って立っていた。
 やがて彼が重々しく口を開く。
「──なぁ。あの女は、……あの王子は。そんなにライラが心を痛めるほどの善人なのか?」
「……はぁ?」
 グスッと盛大に洟を啜り、私は涙でグシャグシャになった顔を上げる。
 ルーファスはいつの間にか私の側に座り込み、やけに真剣な顔で私の顔を覗き込む。
 指先が私の涙を拭い、大粒の雫が乗ったそれをルーファスは口に含んだ。
「……最高に美味い。人間の涙はすげぇ美味い。……けど、ライラがこんな味がする涙を流してまで、あいつらを庇う価値があると俺は思わない」
「何を……っ」
 クラリッサはとても純粋な子で、シリル王子だって国中のレディの憧れの的だったわ。
 誰が見ても完璧な男女なのに、この人は何を言っているのかしら。
 たとえ私のことを大切に思ってくれての言葉でも、あまり嬉しくない。
 いつもなら私が何か言えば、すぐルーファスは折れてくれる。けれど今はとても難しい顔をしていた。
「心の優しいライラが、そんなに気を病ませるほどの価値はない」
 キッパリと言い切ったルーファスの言葉に、私は困惑を隠せない。

作品詳細

関連記事

  1. 【4話】堅物夫(仮)を恋に落とす方法

  2. 【5話】堕ちて幸せ!?~復讐に燃える完璧令嬢は魔王の花嫁になりました~

  3. 【17話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

  4. 【19話】クールな鬼上司の恋人モードは、甘々溺愛が止まりません

  5. 【1話】堅物夫(仮)を恋に落とす方法

  6. 【4話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

  7. 【18話】犬猿同期ふたりの恋愛攻防戦!?

  8. 【23話】堕ちて幸せ!?~復讐に燃える完璧令嬢は魔王の花嫁になりました~

  9. 【2話】恋甘キッチン~溺愛社長の一途な独占欲~

Bookstore

dブックロゴ

bookliveロゴ

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。