• HOME
  • 毎日無料
  • 【21話】高良さんに逆らえません!~過保護な俺様社長は甘すぎて危険。~

【21話】高良さんに逆らえません!~過保護な俺様社長は甘すぎて危険。~

作品詳細

 視覚からの破壊力がすごいのか、とにかく身体が熱い。脚の間がじんじんして自分でもどうなっているか怖いぐらいだ。高良は目を合わせながら、舌全体で押し付けるようにして割れ目を舐め上げた。電気でも走ったかのようにぞくぞくとした感覚が明莉の身体を駆け上がる。
「んんっ」
 指で陰唇を引き上げるように開かれると、包皮から硬くなった秘豆が露出した。それをちろちろと舌先で擽った後、ちゅっと吸い上げられると、驚くぐらい気持ちがよかった。
 身体がびくびくと震える。自分でもはっきりと気付くぐらい、じわりと蜜が滲んだのが分かった。
 高良の頭を押すのはとっくに諦めていた。明莉は顔を横にして、手の甲を口元に押し付けて、必死に声を堪えていた。それでも高ぶった呼吸が端から漏れる。
「あっ」
 柔らかくなった膣口に不意に長い指が入り込む。先ほどよりもだいぶスムーズに中に侵入すると、襞を引っ掻くようにして前後に動く。最初は浅く、次第に深く、やがてギリギリまで引き抜かれては押し込まれる。その指が二本に増やされると、ぐちゅぐちゅと耳を塞ぎたくなるぐらい、卑猥な水音が鳴った。
「かなり濡れてきた。意外とすぐ三本いけそうだな」
「ん、そういうことっ……いちいち言わなくて……いいです……っ」
 息も絶え絶えに何とかそれだけ言った明莉は次の瞬間、びくんと大きく身体を跳ねさせた。
「あんっ」
 中の指を小刻みに震わせながら、高良はお腹側の膣壁を探るように擦った。そうしながら、尖らせた舌先で秘豆をぐりぐりと押し潰す。
 中と外から敏感な部分を刺激され、明莉はたまったものではなかった。快楽が下腹部の奥に溜まって膨張していくような感覚。堪えきれず足先に力が入って腰が浮く。
「んっ……あっ……なんか……っ……へんっ」
 逃げそうになる腰を押さえ付けるようにして高良が更に責め立ててきた。唇で膨らんだ秘豆を挟んで扱いたかと思うと、ちゅっと吸い上げた。
「んぅっ……や……あ……んんっ」
 じっとしていることができなくて、身を捩りながら明莉はシーツを握りしめた。蜜が垂れて臀部のあたりまで濡らしていく。
「あ……だめ、もう……うう、ああっ」
 何かが一気にせりあがり、ぎゅっと中が収縮したと思ったら、その瞬間に弾けた。
 身体の中を快楽の波が広がって走り抜けていく。頭の中が白くなって何も考えられない。身体をびくびくと震わせながら、明莉は押し寄せる波に耐えるかのように、眉を寄せて目を閉じ、どうすることもできずその状態に身を任せた。
「は……は……」
 乱れた呼吸が口から漏れる。
(なにこれ……)
「イッた?」
 明莉の脚の間から高良が顔を上げた。ぼんやりとした視線をそちらに向ける。。
「ほら、三本入った」
「え……あ、んん」
 いつの間にか、高良は指を増やしていたらしい。未だに中に入っている指を軽く揺すられて、明莉はその刺激に身体を震わせた。
「も、やだ……」
 達した後の身体は敏感で、少しの刺激で膣内が反応してしまい、本当にどうにかなってしまいそうだった。目に涙が浮かぶ。
 なにせ、明莉は処女なのだ。もちろんイったのも初めてだった。初めてにしてイってしまったことと、そのあまりの気持ちよさに明莉は少々混乱してもいた。
「ま、そろそろ大丈夫かな」
 指を引き抜いた高良が身体を起こす。ベッドを下りて部屋の扉の方へ歩いていった。下腹部から太ももまでが痺れたようになっていて、まともな思考が戻っていなかった明莉はその姿をぼんやりと横たわったままで見送った。
 高良は、入り口近くに置かれたままになっていたコンビニの袋から何かを取り出した。その小さな箱の中から更に小さなパッケージを取り出し、戻ってきてそれをベッドの端にぽんと置いた。それからベルトのバックルに手をかける。
 高良がこれから何をしようとしてるかは想像がついた。何を持ってきたのかも。けれど未だに快楽の余韻の残る身体が億劫で何のリアクションも取れずにいた明莉は、そのカチャカチャとした金属音を放心した顔で聞いていた。その次の瞬間、不意にあることに気付いた。
「……高良さんは」
 手をついて身体をなんとか支えながらゆっくり起きる。ベッドの傍に立つ高良を見上げた。
「服を脱がないんですか?」
 バックルにかけた手を止めて高良が明莉を見返した。
 ACTは比較的服装が自由だ。それは、高良も例外ではなく、社外の人と約束がない日は、デニムにTシャツというかなりラフな姿で仕事をしている日もある。だけど今日は普通にスーツで出社していて、ジャケットとネクタイは外していたが、スラックスとワイシャツのまま、高良の服装は全くというほど乱れていなかった。対して自分は全裸にさせられて、何も身に纏うものがない。しかもかなりあられもない姿を晒している。その落差が急に恥ずかしくなった。
「そう言えばそうだな」
「何か、ずるいです」
 明莉は拗ねたような口調で言った。
「ずるいって」
「高良さんも、脱いでください」
 高良の服の下を見てみたい。素直に言えばこれが一番の理由だった。実は今までに何度となく想像していた。服の上からでも無駄な贅肉がついていなさそうなことは分かるが、せっかくの機会、これを逃す訳にはいかないと唐突に思ったのだ。
 驚いたような顔の高良がふっと息を吐いた。
「分かったよ。でもそんな大したもんじゃないからな」
 そう言ってワイシャツのボタンに手をかける。ボタンを全て外すと手早く脱いで床に放った。それから下半身に身に着けているものもさっさと脱ぎ捨てる。
 ボクサーパンツ一枚になったその肢体を明莉はまじまじと見つめた。
(……想像より筋肉ある……)
 そんなに運動もしていなそうなのだが、腕周りは意外とがっしりしていた。胸板も腹筋も引き締まっていて、ほどよく筋肉がついている。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。