• HOME
  • 毎日無料
  • 【20話】高良さんに逆らえません!~過保護な俺様社長は甘すぎて危険。~

【20話】高良さんに逆らえません!~過保護な俺様社長は甘すぎて危険。~

作品詳細

 口元を押さえているが、それでも漏れ出る声を抑えられなかった。反射的に太ももを閉じようとしたが、高良の大きな手に阻まれる。
「こら、閉じるなって」
 お仕置きとばかりにその主張し始めた粒を中指でぐりんと押し潰される。高良はそうしながら、器用に親指で膣口付近をクロッチの上からぐりぐりと刺激した。
「あっそれやだっ」
 刺激の強さに驚いて頭が後ろに反った。その勢いで口から手が離れてしまう。
 ふっと高良が笑った。
「そんなこと言っても濡れてきているけどな」
「……そんな、こと」
「じゃあ、これは?」
 クロッチが横にずらされて、指が滑り込む。陰唇を掻き分けて入り口を探った。そこが明らかにぬるついているのは、指の滑り具合から言って誤魔化しようがなかった。くちりと濡れた音が小さく響いた。
「ほら、ぬるぬるじゃん」
「う、もうっそんなこと、いわない……っ、あっ」
 膣口に指を引っかけたまま、高良はその指を小刻みに動かした。くちくちとはっきりとした水音が耳に届く。
「んん」
 そうかと思えば、纏った液体を塗りつけるように指が割れ目を行ったり来たりする。ついでと言わんばかり秘豆をぬるりと撫でられて腰が跳ねた。
「は、……んっ、高良さんの、ゆび……」
「……指? 指がなに?」
「んん、う、うごきが、やらしい……っ」
 さすがにこの年になれば経験はなくても、セックスの時に何をするかは大体知っていた。けれど、聞くとするとでは大違いだった。しかも、相手はあの高良だ。高良の指が自分の秘部を弄り回していると意識するだけで明莉の頭は爆発寸前だった。それに加えてこのあられもない格好。黙っていれば恥ずかしさでどうにかなってしまいそうで、それを誤魔化そうとしたのか、結果、明莉は頭に浮かんだことを口にしてしまうというよく分からないことをしていた。
「まあ、やらしいことしてるからな」
 これからもっとやらしいことするけど、と言いながら、高良はそこでおもむろにぐっと膣口に指を差し入れた。
「あっ、んんっ」
「さすが処女。きついな」
「も、デ、リカシーない発言っ……」
「あ、そうだった? 悪い。いや悪い意味ではないよ?」
 入れた指を途中途中で馴染ませるようにくいくいと動かしながら、高良はゆっくりと挿入していく。
「痛くないか?」
「う、うん」
 明莉はコクコクと頷いた。言葉の通り痛くはなかったが、違和感はそれなりのものだった。とりあえず入ったと安心したのも束の間、中の指が動く素振りを見せたので、何となくぎゅっと目を瞑る。ゆっくりと抜き差しが開始された。
「とりあえず今一本だけど、目標三本な」
「えっ」
 ちょっと慣れてきたかな、と思った途端に掛けられた言葉に明莉はがばっと顔を上げた。無理に身体を捻って高良の方を見る。
「当たり前だろ。そんぐらいしないと。もっと大きいもの入れるんだし」
「……もっと、大きい?」
 明莉の瞳が不安げに揺れた。指一本でもきついのにもっと大きいもの? 大丈夫なのかな、とにわかに心配になる。
「そんな可愛い顔するなよ。今すぐ突っ込みたくなる」
(……可愛い?)
 現金なもので、それを聞いた瞬間、ずくりと下腹部の奥が疼くように蠢いた。タイミングよく中で媚肉を撫でられて、明莉は眉を寄せる。
「んっ」
「何に反応した? 可愛い? 可愛いって言われるの好きなんだ?」
 明莉の顔を覗き込むように首を傾けた高良がちゅ、と唇を重ねる。
 そしてキスをしながら指を抜くと、肩を押して明莉の身体を仰向けに倒した。
「な、なに?」
「舐めたい」
 言いながら明莉の脚を跨ぐようにして上にのった高良がショーツに手を掛けた。
「な、なめ……!? あ、や」
 慌ててその手を押さえようとしたが、間に合わずにスルスルと下ろされる。身体をずらした高良はそのまま足からショーツを引き抜いた。太ももの下に手を入れて、持ち上げるようにしながらぐいっと左右に開いた。
「ひえっ」
「なんだよ、そのカエルみたいな声」
「だって、こんな、見えちゃう、あっだめ、顔ちかづけちゃ」
 高良がぐぐっと頭を下げたので明莉は咄嗟に上半身を持ち上げ、阻むように手を伸ばした。指先が髪に触れる。そのまま押し返そうとしたが高良は構わず更に顔を脚の間の秘めたる場所に近付けた。
「だめ、だめです、やっぱり電気……あっお風呂……っ。ま、待ってください。シャワーを、あびたいです……!」
「今更何言ってんだよ。もうそんな余裕ねえぞ。却下」
「だ、だって、舐めるって! そんなシャワーも浴びてないのに汚い……に、匂いも!」
 秘部を舐めるという行為があることは知っていたが、初めてでそこまで至ると思ってなかった明莉は、高良がそれをしようとしていることを知って内心かなり慌てた。ただでさえかなりの緊張状態なのだ。初めてなのにハードルが高すぎる。恥ずかしすぎて、無理。軽いパニック状態で高良の頭を必死に押さえながら、半泣きで捲し立てた。
「はあ? 今更そんなこと気にするかよ。匂い?」
 もうかなり近くまで来ていたが、明莉の手を押し退ける勢いで更に鼻先を近付けた高良がそこでクンクンと匂いを嗅ぐような様子を見せた。
「なっ」
 あまりの行為に、信じられないと目を剥いた明莉は、声にならずただ口をパクパクさせた。
「全然問題ない。むしろ好きな匂い」
「……もおっなにしてっ、ばかばか、へんたいっ」
「変態って。匂い嗅いだだけだろ。真の変態はこんなもんじゃない」
 真っ赤な顔をして、明莉は頭を押さえる手を更に突っ張ったが、意地悪そうに笑った高良はあろうことか、見せつけるように舌を出した。
 明莉の抵抗もなんのその、ご丁寧にも指で恥毛を掻き分けて、明莉からも見えやすくした高良は、そのまま伸ばした舌でちろりと秘豆を舐め上げた。
「……っ!!」
 明莉は短く息を吸い込んだ。
(……なにこの状況!?)
 直視できないぐらいの恥ずかしさなのに、見ていたくないのに、なぜか目が逸らせなかった。高良の顔が自分の脚の間にあって、今まではどんなに近付いたってせいぜい肩と肩が触れ合うぐらいだったのに、それを思えばとんでもないぐらいの接近だ。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。