【19話】消えない恋心、君だけを愛してる

作品詳細

「和己さぁん、お願い、ちゃんと触って……お願い」
 彼が操る羽は今や太ももの内側を下へ向かって移動していた。気が狂いそうなほど感じてしまう。蜜がとめどもなく溢れだしシーツを濡らしているのを、尻がもぞもぞと動くたびに湿った感触で知る。こんなお仕置きなんていや。早くいつものように激しく抱いて欲しい。
「どう触ってほしいんだ。ここを指で触ればいいのか? それとも……口と舌で舐めまわされたいか?」
 股間を羽でくすぐるように触れながらそんなことを言う。
 私は気も狂わんばかりに欲していた。もう何が何でもそれが欲しい。
「く、口で……して」
 言ったとたん羞恥で体温がかっと上がり、全身が熱くなるのを感じた。と、同時に脚を大きく開かされ、彼の唇があてがわれる感触がし、舌でそこを舐めまわされる。
「ああんっ、んんっ、んん――っ」
 全身が大きくわななき強烈な快感が突き抜ける。ぐちゅぐちゅと淫靡な音を立てながら吸い付かれては舐められ私は我を忘れた。
 やっとほしかった激しいほどの快感に溺れていく。
 はしたない喘ぎ声をあげ、首を反らせ全身が震えるまま感じるしかできない。目が見えないことでいつも以上に感じやすくて、不安なのに興奮する。
 頭上に上げたままの両手はいつの間にか、快感に耐える様に枕を掴み、大きく広げられた両脚は空中で指先が丸まり小刻みに震えている。
「あ、あ、あああっ、だめぇだめぇ――」
 全身の震えが大きくなるのを止められない。強い快感から抜け出せず、私は激しく身悶えた。彼がそんな私の腰を掴んで押さえ、更に激しい舌の動きで追い上げる。
 もう喘ぎ声さえ出ない。荒い息遣いと、淫靡な水音、衣擦れの音が部屋の中を満たしている。
 ずずずっと吸い上げるようなはしたない音を上げて彼が蜜をすする。そうされればされるほど、膣口から更に溢れ出してくる。
 彼が顔を上げたのと、膣口に圧迫感のある雄の先端が押し付けられたのは同時だった。
朦朧としている意識の中、ぐっと押入ってくる感触に全身が快感で震え背中が仰け反った。
 彼が覆い被さってくる気配がする。
「未央、舌出して」と言われ、恐る恐る言われた通りにする。その間も腰を大きく回すように動かれ、口を開くと甘い嬌声が勝手に漏れる。
 震える舌先を熱い唇で食まれ、強く吸われた。その痛みが強烈な快感に変わる。そのまま舌を絡められ深いキスに夢中になった。ぐちゅぐちゅと繋がり合っている個所から同じような淫靡な音が漏れ、体の中で彼が暴れるたびに私の体は上下し、ベッドのスプリングが小刻みに軋む。
 もう両手を上げていないといけないことも忘れ彼の背中にしがみ付いた。
 ぎゅっと抱きしめると、お互いの汗ばんだ肌が擦れる。今まで放置されていた胸の先端が肌に擦れ、やっと与えられた快感に更に硬く尖り感度が上がる。お互いの体の熱で溶けてしまいそう。
 ああ、彼なしの人生なんて考えられない。和己さんが好きで好きでたまらない。このまま無茶苦茶にして私を壊してほしい。
 私は心の中でそんな風に切望していた。
 唇を離し、耳朶を噛まれる。ビクンと体が痙攣したと同時に彼の動きに激しさが増していき、私は追い詰められていく。嗚咽のような声を漏らし、快感の中に沈む。
 彼が何度か奥を強く突き上げた。彼の野獣のような声を聞き、私の体から力が抜けていく。あまりに激しすぎて、疲労で瞼が重くなっていく。和己さんに抱き締められる心地よさの中、私の意識はシャットダウンした。

 混濁した意識の中、体が揺れているのを感じる。まるで海の中でゆらゆら揺れているみたい。
 次第に子宮の辺りが熱くなっていく。
 意識がしっかりしてくると、自分が横に寝かされ、片脚を高く持ち上げられ背後から突き上げられている状態を認識した。目隠ししていたネクタイは取り省かれていることをぼやけた視界で気がついた。
 甘い吐息は自分のものだ。
「はぁああっ、か、かずみさぁん」
「未央、気がついたか? まだ終わりじゃない。未央の体が俺の虜になるまで俺じゃなきゃダメになるまで……何度でも抱いてやる。ほかの男に目移りなんかさせない」
 な、なにを言ってるの? 初めから私には和己さんしかいないのに……。
 その思いは口にする前に喘ぎ声となり、私はまた快感に囚われてしまった。

 結局明け方まで私は情熱的に抱かれ、フラフラのままバスルームに連れて行かれ、和己さんに体を洗われ、髪まで洗ってもらった。
「ここに少しはスーツを持ってきておいた方がいい。朝一で毎日帰って着替えるのは辛いだろう?」
 着替え終わったとき、彼に話しかけられ我に返る。
「うん、そうする」
 そう頷いたもののふと考える。ということは、私は毎日和己さんの家に泊まる予定ってこと? あ、でももちろん、お姉ちゃんがいないとき限定なわけだけれど……。
 お姉ちゃんにはまだ内緒にしていた方がいいのかなぁ……。

作品詳細

関連記事

  1. 絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

    【4話】絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

  2. 【19話】恋甘キッチン~溺愛社長の一途な独占欲~

  3. 【19話】クールで口下手な専務の溺愛プロポーズ

  4. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【19話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

  5. 【2話】クールで口下手な専務の溺愛プロポーズ

  6. 絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

    【19話】絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

  7. 【4話】恋甘キッチン~溺愛社長の一途な独占欲~

  8. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【2話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

  9. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【1話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

Column

  1. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  2. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  3. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  4. 甘えた男とチョロイン事典
PAGE TOP