• HOME
  • 毎日無料
  • 【11話】お見合い相手はスパダリ系ドクターでした!

【11話】お見合い相手はスパダリ系ドクターでした!

作品詳細

 わざとなのか偶然なのか相野谷さんの歯が軽くあたり、私は迫り来る快感に身を震わせる。
「あぁっ……」
 ザラリとした舌の刺激に堪らずに腰を浮かせた。無意識に秘部を押しつけてしまう。クスッと小さな笑い声が聞こえてきても、痙攣するように震える身体を抑えることはできなかった。
 もっと、もっと気持ちよくなりたいと相野谷さんの髪に指を絡める。
 中をかき回していた指が増やされる。圧迫感が増しても苦しくはなかった。
 ただ、もっと激しく擦って欲しくて、快感を追い求めるように指に合わせて腰を揺らした。
「ふっ……ぅ……んっ、あ」
 もどかしい。
 あと少しなのに。
 奥を激しく突いて欲しい。そうすれば高みに昇ることができる。
 わざと、最後の快楽を与えてもらえない。
 たぶん、私から言うのを待ってるんだろう。
「相野谷、さっ……おねがっ……」
「なに?」
「だから、いじ、わる……しないでって……」
「してないよ。気持ちいいことしかしないって言っただろ?」
 柔らかな微笑みは、やはり嘘をついているようには見えない。けれど、その瞳がどうして欲しいか言ってみろと告げている。
「千加?」
 緩やかに坂を昇っていく。でも、最後の崖はとても高くて、相野谷さんの手を借りなければそこにたどり着くことはできない。
 お願いだから、助けて。
 荒い呼吸が繰り返されて、私は縋るように相野谷さんを見つめる。
「おねが……イカせて……」
 相野谷さんはよくできましたとでも言うように、ゆっくりと動かしていた指を一度引き抜いてから最奥を突いた。
「あぁぁっ!」
 膝がガクガクと震える。あまりの快感に膝を開いていることすらできない。
 グチュグチュと二本の指で奥を何度も突かれて、陰核への刺激も加えられた。濡れた舌先がツンと尖った芽を勃たせるように動く。
「ん、あっ……もっ、ダメ……変に、なっちゃ……」
「いいよ、イッて」
 グッと最奥が抉られた。同時に敏感になった陰核を引っ張られて、私はようやく昇りつめた。
「あぁ──っ!」
 直後感じたことのない、気だるさが身体を襲う。
 チュポっと卑猥な音を立てながら指が抜かれ、トロリと中から愛液が溢れだした。
 視線を感じるのに身体が言うことを聞いてくれず、荒くなった呼吸を整える間、膝を立て開いた足はそのままだ。
 髪に絡ませていた指が、丁寧に剥がされる。喪失感に切なくなったけれど、ベッドが沈んで相野谷さんの身体が私に覆い被さった。
 触り心地のいいシャツが素肌と密着する。開けられたボタンの隙間から覗く胸板は男らしく、爽やかな匂いと微かな汗の匂いがふわりと香った。
 人肌恋しくて足を絡ませると困ったように微笑まれたが、拒否されはしなかった。
「ちゃんと約束は守るよ。でも俺もちょっと辛いから、しばらくこうさせて」
 深く息を吐きながらギュッと身体を抱きしめられて、私は幸福感に目を瞑る。
 足を摺り寄せると腰に昂りを感じて、相野谷さんの言う〝約束〟が何かを知った。
 我慢、してくれてるんだ──。
「私も約束、守ります……だから、恋人になってくれますか?」
 イカせたら恋人になんて、冗談めいた約束だったけど。
 きっと彼は、本気で私と恋人になりたいって思ってくれてるはずだから。
 相野谷さんの目が驚きに見開かれ、嬉しそうに細められた。
 なんだか、私まで嬉しくなってしまう。
「これからよろしくね。千加」

 次の約束をして、相野谷さんとはホテルで別れた。
 送って行くと言われたけれど、あれだけ乱れた後に平気な顔をして彼の車の助手席になんて座れない。
 それに、助手席でニヤニヤしてる顔を見られたくなかったし。
 帰る間、幸せな時間を噛みしめたかったんだ。
 頭が満足感やら幸福感やらでポヤ~っとする。
 これだけ満たされたことはなかったし、あんな風に誰かに触れて欲しいって思ったのは初めてだった。
 修ちゃんのことを好きだった間、いつも何か足りないような気がしていた。
 だから、触れ合わなくても心で繋がりを保ちたいって思っていたけど、そうじゃなかった。たぶん修ちゃんは、もうずっと前から私に愛情なんてなかったんだろう。
 私も、相野谷さんを想う気持ちと同じだけの熱量を修ちゃんに向けられていたかはわからない。向けているつもりだっただけだ。
 相野谷さんとは今日会ったばかりで、お父さんの後輩ってことしか知らない。なのに、私に触れるたびに〝好きだ〟って告白されてるみたいだった。本当にキミが好きだって、そういう感情が伝わってきた。
 きっと、私にも修ちゃんにも足りなかったのはそれだ。
 私は、修ちゃんのこと本当に心から好きだったのだろうか。
 ちゃんと好きって感情を伝えられていれば、何かが変わっていたのかもしれない。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。