【21話】クールで口下手な専務の溺愛プロポーズ

作品詳細

 やはり成美には向いていなかったのだ。抱かれるわけではない、金のためだと自分にどれだけ言い聞かせても、成美の本能の部分が拒絶している。
(一緒にいるのも……触られるのも、やっぱり専務がいい)
 肩が触れて電車の中で嗅ぐようなすえた汗の匂いがするだけで、顔を背けたくなってしまう。とてもじゃないが顔を見合わせて楽しく会話することなどできそうにもない。
 どうしよう──嫌な汗が背中を伝った。
「こっち向いて、もっと顔見せてよ」
 黙ったままの成美に焦れたのか、苛立ったように声がかけられた。
 仕方なくおずおずと顔を向けると両頬を包むように触れられた。東馬に同じことをされても嫌悪感など一切湧かなかったのに、男性の汗ばんだ手が気持ち悪い。
 男性はデート場所に漫画喫茶を指定しながらも最初から本を読むつもりなどなかったのか、テーブルに漫画は置かれていなかった。
(二人で仲良く漫画を読んでおしまい……なんて考えてたわけじゃないけど)
 この時までデートクラブで客の相手をすることの意味をわかっていなかった。東馬にあれだけ身を以て教えられたと言うのに。
 東馬と一緒にいる時は楽しかったから。好きでもない人と同じ空間にいることがこんなにも苦痛だとは思いもしなかった。
「成美ちゃんは恥ずかしがり屋なんだね」
 成美の膝の上にコロンと頭が乗せられた。腹部に顔を押しつけられて、男性の腕が腰に回った。
「あ、あのっ……ちょっと」
「金は払ってるよ」
 しかし、デートクラブには〝女の子の嫌がることはしない〟という鉄則があり、それを守らない客は出入り禁止になることもある。金銭的に余裕のある男性が通うデートクラブだからか、マナーの悪い客は少ないとスタッフが言っていた。
 だから、きっと嫌だと言えさえすればやめてくれるはず──それがいかに甘い考えか成美は一瞬の後に知ることになった。
「あの、やめ……」
「こんなところで働いてるんだからさ。ある程度は許容しないと。スタッフだって知ってて放置してるんだ。多少のお触りは有りって。本番はNGって言われてるけどさ、逆に突っ込まなければいいってことでしょ。じゃなかったらここデートするだけなのに防音設備ちゃんとし過ぎてておかしいし。それに一回あたり十万だよ。何もないなんてあり得ないから。その辺の風俗よりよっぽど高い値段設定してるんだからさ」
 風俗店の値段設定など知らない。一回のデートに客が十万も支払っていることだって初めて知った。
 男性の手が腰を撫でるように怪しげに動いた。生理的嫌悪感から身を捩るものの逃げ場所などはどこにもなく、成美の目に涙が浮かんだ。
 恐怖に身が竦む。成美の瞳に怯えの色が表れわなわなと唇を震わせると、男性の喉元が上下に動いて情欲の火が灯った。
「やっ、やだ。こんなこと」
「こんなことってちょっと抱きついてるだけだよ。慣れてないねぇ。そういうところも可愛いけど、暴れたりしないでよ?」
「えっ、あっ……やだっ!」
 腿の上に置かれた頭がモゾモゾと動き、ぬるりと何かが足を這う。言いようのない不快感が身体を突き抜けた。何をしているのかと見れば、男性は成美の股間部に顔を埋めていた。
 目の前の状況に、気を失いたくなるほどの衝撃を受けた。タイトスカートが捲り上げられ、腿の付け根に男性の舌が這った。
「そんなこと言って。ココは期待してるんじゃないの? すごいエッチな匂いがしてくるよ」
 ぴったりと合わせた太ももの間に指が入り込んできて、足先が小さく震えてしまう。
「そんなわけなっ……やだぁっ」
 いくら弟たちの学費のためだからってこんな仕事を選ばなければよかった。新見も反対していた。危ないことがあったらどうするんだ、と。
(そっか専務は……私がほかのお客さんの相手をしなくてもいいようにしてくれてたんだ)
 自分の不甲斐なさに涙がボロボロとこぼれ落ちる。今さら後悔したって遅い。
(専務のことが好きなのに……あの人にしか触られたくないのにっ)

作品詳細

関連記事

  1. 【1話】クールで口下手な専務の溺愛プロポーズ

  2. 消えない恋心、君だけを愛してる

    【21話】消えない恋心、君だけを愛してる

  3. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【19話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

  4. 【2話】クールで口下手な専務の溺愛プロポーズ

  5. 消えない恋心、君だけを愛してる

    【1話】消えない恋心、君だけを愛してる

  6. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【5話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

  7. 【4話】強引御曹司に注がれる溺愛の味

  8. 【18話】恋甘キッチン~溺愛社長の一途な独占欲~

  9. 【1話】強引御曹司に注がれる溺愛の味

Column

  1. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  2. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  3. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  4. 甘えた男とチョロイン事典
PAGE TOP