【42話】国王陛下の寵愛蜜戯~獰猛な独占欲~

作品詳細

 どうするのがふさわしいのかわからないが、ナディアの腰はつたなくも肉杭を愛しはじめていた。
「あぁ……っ、あ……っああっ、あぅ……っ」
 自分が前後させる腰使いで快感が生まれる。ナディアはあっという間に夢中になっていた。規則的になった動きにあわせ、剥き出しの乳房がゆさゆさと揺れている。
 ふたつのふくらみをセフェリノがつかみ、揉みしだかれるとナディアは一瞬息を飲んだ。新たな快感が追加され、淫道がぎゅうっと突き上げるような感覚がわく。
「だ、めぇ……だ……めっ」
「喜んでくれてるよね。ナディアのなか、きゅうきゅうしてる」
 ナディアの目を見ながら、セフェリノが乳房に舌を這わせはじめた。
 その赤い舌はふしだらな軌跡を描き、乳暈をなぞると尖った乳首と戯れつづける。
「やぁ……っ、駄目なの、たまらなくなるの……っ」
 ふふ、と鼻で笑う声とともに、赤いナディアの果実がセフェリノの口に含まれる。
「あぁ……!」
 セフェリノの頭を抱きしめ、ナディアは目を閉じて懸命に腰を振っていた。胸と腰とに快感がわだかまる。乳首を吸い上げられるなか、ときおり歯が添えられた。腰が跳ねる。背を撫でられ、それさえもナディアをもだえさせる快感を与えてくれた。
「あ……はぁ、あっ、うぁあ……ん……っ」
 規則正しく躍っていたナディアの腰が、不規則になった。
「きもち、い……っ、ああっ、いい……っ」
 快感が強く、絶頂に達しようとするナディアの性感のせいで、腰の淫戯は暴走していた。
「ナディア、大好きだよ」
 セフェリノの両手が臀部に添えられ、下から突き上げられる。
「ひっあ……あっ! あ、ぅ、うん……っ」
 身を仰け反らせ、ナディアはセフェリノの上で達していた。
 達してなおセフェリノの強い抽送は数度くり返され、言葉にならない声を発してナディアは彼にしがみついていた。
「……い、ぃ……っ、気持ち……あぁ……っ」
 淫道で屹立が暴れ、まるで内側から叩かれているようだった。
 射精の感覚でさえナディアの性感を刺激し、淫道と腰が貪欲にそれを味わっていた。
「ぜんぶ……吸い尽くされるみたいだ」
「ん……っ、ぁ……あ……っ」
 ゆるゆるとセフェリノの猛りが落ち着いていく。
 ナディアは淫道にくわえこんだまま、彼にくちびるを重ねた。
 そろり、とセフェリノの舌のかたちをなぞる。応えてくれたセフェリノのくちづけは緩慢で、まだ高ぶっているナディアの情欲を喜ばせた。
「ナディア、愛してる。これから忙しくなるよ」
「え……?」
 頭のなかがまだ朦朧としていた。
「妃になったら、たくさんすることがある」
「なにをすれば……」
「たくさん僕の子供を産んで、きみは僕と一緒に健康で長生きをしなくちゃいけない」
 まじめくさった声に、ナディアは吹き出した。
 彼から降りるとき、濡れた劣情が内股をなぞって出ていった。腰がぞわりとし、急に照れくさくなる。
 彼に背中を向け、ナディアは衣服に乱れがないよう整えていく。
 まだ外は朝といっていいようだった。
 鳥の声が消える部屋を退き、ナディアはあくびをする。
「眠れそうだね。よかった」
 うなずきながらも、ナディアは彼と別々の客間に戻るのがいやになっていた。
 姉であるミランダに狙われているのだ、セフェリノがひどく不憫でならない。
 彼とおなじ部屋にいてはいけないだろうか。そう伝えようとしたナディアは、背後から物音を聞いて振り返った。
 厨房からゴードンが出てきていた。
 凍りついたようになったナディアに代わり、セフェリノが真っ先に口を開いた。
「眠れないから、ちょっと散歩してたんだ」
「そうですか。ならもう寝てください。私も水を飲んだらもう一眠りします」
「そうするよ、ゴードンもおやすみ」
 うつむいたナディアは、背中にゴードンのつぶやきを聞いていた。
「――あなた方、もうさっさと結婚してください」
 そうするよ、と取りこぼしそうな声でセフェリノがつぶやくのが聞こえていた。

   ●

 さる貴族の屋敷が二軒焼けたのだ、と聞こえてきたが、はやい段階でこれまで国内で起きていた放火事件とは別件であると切り離されていた。
 当初は放火が疑われていたが、失火である、とおさまりそうだった。
 数日も城下町にある数軒のカフェの席を陣取っていると、色々な話が聞こえてくるものだ。
 その日入ったカフェでも、毛生え薬で有名な貴族の当主が行方不明らしい、という噂が聞こえてくる。
 それに耳をかたむけていたナディアは、カフェに入ってきた男性が店内を見回すので、立ち上がって手を振った。
「お待たせして申しわけありません、いやぁ、最初わかりませんでした! きみ、私にも紅茶を。たっぷり甘くしてくれ」
 店員に声をかけながら、男は襟元のストールを外す。
 ナディアは髪の色を変えていた。傷むことが多いので、できれば染めたくなかったがいたしかたない。その上セフェリノから借りた、大振りの帽子を被っていた。
 やけに顔を隠した女がいる、と印象に残っても、ナディアの顔が印象に残ることはないだろう。
「ナルトラムまでいらっしゃるなんて、めずらしいですね! その色、よく似合ってらっしゃる」
「ありがとうございます。発色がよかったら、サロンで扱おうと思って試しているんです。たまにはおもても見るのも楽しいですね」
 向かいの席に腰をかけ、男は相好を崩した。
「その熱心さ、高貴な方とは思えないくらいですよ。いっそどこかべつの場所でも、なにか接客業をはじめたらいかがです」
 男はサロンに香油を卸してくれている業者だ。ヨックという、彼自身異国から移住してきた経歴を持っている。
 異国の香油を扱うのがうまく、場合によっては倍は取られそうな商品でも、ヨックは安価で分けてくれている。
「もしそうなったら、ぜひご協力ください」
「もちろんですよ! それで、今日はどうなさいましたか。先日からサロンは閉めていらっしゃいますが、開く見通しでも」
 彼も放火の件は知っている。声を落としての質問だった。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。