【17話】国王陛下の寵愛蜜戯~獰猛な独占欲~

作品詳細

「は、ぁ……あっ、胸が……っ、胸……いやぁ……っ」
 舌先で転がされる乳房や指先でこすり上げられる乳首から、多大な快感を覚えてしまっている。ナディアは自分がおかしいのかと混乱しかかっていた。
「胸だけでそんなにかわいい声で鳴くんだから、たくさん検分しないとね。もっとはしたない声も聞きたいな」
 彼が身を起こすと、ナディアの腕は解けてぐったりとベッドに広がった。
「こっちも乳首みたいに喜んでくれるかな」
「セフェリノ、なにを……?」
 身体に屈みこんだセフェリノは、腹部に舌を這わせはじめた。
「あぅ……、私、なにも隠してなんて……」
 信じて、と続けられない。裸身になればなにも隠し持っていないとわかるだろう、というのが早計だと気がついた。
「もうちょっとかかるよ。隠そうとするなら……あるでしょ? ナディアのいやらしいところが」
「そんなところになんて……! ぃ、いや……っ」
 セフェリノのくちびるが、さらに下に降りていくのでナディアは抵抗に足を閉じようとする。
「駄目だよ。抵抗しないで、目を閉じてじっと待ってて」
「なにを……」
 するの、と尋ねるより先に、セフェリノの舌先が閉じられた太腿の溝や、恥丘の和毛をなぞっていった。
「や、やめ……っ、ぁあっ……!」
 恥丘から淫裂へと、セフェリノの指が差しこまれた。
 彼の指先が、とても鋭敏でふしだらな波を起こしていく。
「い、や……っ、だ……めっ、だめぇ……そこ……やぁっ」
「乳首だけじゃなくて、蕾もこんなにかたくなって……聞こえる? 蜜もたくさん溢れてる」
「うぁん……っ、や、あ……っ、あぅ……っ」
 自分の手の甲を噛んだナディアは、両足が大きく左右に開かされていることに気がついた。セフェリノの指で絶え間なく愛撫されていると、開脚など些細なことになってきてしまう。
「やめてぇ……っ、おかしく……っ」
 セフェリノの指の動きで、淫裂から蜜がくちゅくちゅと音を立てる。蜜で滑りのよくなった指先がいたぶる蕾は、ナディアの腰を甘く縛り上げていた。
「いってよ、ナディア。いっていいんだよ。僕の前で、いくらでも楽しんで」
「ああっ、あっ……ああっ!」
 セフェリノの眼下ですべてをさらしながら、ナディアは腰を跳ねさせていた。
 きつく目を閉じたナディアだが、腰の甘い波を楽しむ余裕はなかった。セフェリノの指はゆっくりと蕾を撫でている。愛撫された蕾の感覚は鋭くなり、小刻みな指の動きに合わせてびりびりとナディアの性感を痺れさせていった。
「ま……だ、めぇ……や、ぁあ……っ」
「物欲しそうだよ、ひくつかせて……僕もかたくなっているんだ、一緒に楽しんでいい?」
 覆い被さったセフェリノは、ナディアが見上げたときには腰で猛る灼熱を打ちこんできていた。
「ん! ……うぅん……っ」
 一気に押し広げられていたが、痛みは一切なかった。
「熱いなぁ、ナディア……ひとつになっただけなのに、こんなにもう気持ちいいよ」
 進入した屹立が動きはじめ、ナディアは頭から思考を弾き飛ばされる。
「は……っ、あぅ……んっ、ん……あ、ぁ……っ」
 セフェリノがこすり上げる肉襞すべてが、ナディアの腰で快感を朗々と歌いはじめている。
 一定の速度と強さで続けられる抽挿は、最初から激しいものだった。与えられる快感が大き過ぎて、ナディアの腰はじっと受け身のままではいられなかった。
「うぅんっ、んっ、ん……あぅ……っ」
「まだ二度目なのに、そんなにいやらしい声出して……楽しんでもらえてすごくうれしいよ」
「ちが……っ、たの、楽しんで……なんて……い、ぁあっ」
 両足を持ち上げられ、肉杭での穿ち方を変えられる。快感を与えられるのはおなじだが、揃えた足を高く上げた姿勢での淫戯のほうが、ナディアを夢中にさせた。打ちこまれるたび、腰の奥でほわほわと理性が蕩けていく。
「やぁっ、やっあ……っ、それ……だめぇっ、とけ――ぜ、ぜんぶとけ……っ」
「ああ――そうだね。ナディアの顔、とろとろになってる。平気だよ、僕も蕩けそうなくらい気持ちいいから」
「だ……めぇっ、ま……まえみたいに、いっちゃうの……っ」
 見下ろしてくるセフェリノの目がほそめられ、淫猥な顔つきになっていく。激しく腰を振るわれ、ナディアはシーツをつかむと取り乱したように頭を振っていた。
「やっ、やだっ、はずか……あぅ、ん……っ、いっちゃ……っ」
 悲鳴じみた声を発したナディアの身体は、セフェリノの淫らな蛇を深くくわえこんだまま、絶頂を迎えて大きく痙攣していた。
 蛇はナディアの肉をかき分けた先で、大きくのたうっていた。はじめての夜に身体に残されていたもので、そこで吐き出されるものの独特の残り香を知っている。ナディアの鼻腔にそれがよみがえった。植物の花に似た香りを持つその蜜が、いままさに身体にもたらされていると思うと大きく腰が疼いてしまう。
 ため息を落としながら、セフェリノがナディアのとなりに身体を延べる。
 これ以上ないほどうれしそうに笑い、当然のようにナディアの乳房に手をのばしてきた。
「なにも隠してなかったね。覚えのいい身体があるだけだ」
 乳暈ごと乳首を摘まんでいく手をおさえつつ、ナディアは手近の毛布を引き上げた。
「ま、待ってよ……検分ってまさか、お父さまもこんな……」
 隠してみると、連れてこられたばかりの屋敷で肌をさらしていることに、ナディアは不安を覚えてきた。
 しかしその不安をよそに、セフェリノは弾けるように笑い出している。
「笑いごとじゃないわ! どうしよう、お父さまはどこに? 無事かどうか――」
「卿に……そんなことするわけないだろう」
 いいながらも、セフェリノはまだ笑い続けていた。彼の笑い声にベッドが軽く震動している。
「きみだけに決まってるじゃないか」
 きょとんとしたナディアを抱き寄せ、セフェリノはほおにくちびるを寄せてきた。
「どうせだし、もう一回ナディアを検分しようか」
 毛布を引き剥がされ、ようやくナディアは理解していた。
「た……たばかったの!?」
「きみの身体を検分したかったのはほんとうだよ」
 平然といい放ったセフェリノに、ナディアは近くにあった枕を投げつけていた。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。