【19話】強引御曹司に注がれる溺愛の味

作品詳細

 動揺しながらも、涼子は自分を顧みる。社長直々にそのようなことを命じられるのは、あのことが原因としか思えない。
「もしかしてそれは……先日騒動を起こしたことが原因で、会社を辞めろということでしょうか」
 社内中で噂になったのだ。当然社長の耳にも入っているだろう。
 自分から辞めると決めていても、会社に迷惑をかけて辞めることになるのはさすがに気が滅入ってしまう。
 社長はいぶかしげに涼子を見つめたあと、思い出したように表情を変えた。
「ああ、騒動というのは営業に来ているニシミナミ社の営業さんとのことか。いや、今回の件でそれはまったく関係ない。オーノデザイン社の営業部長がどうしてもとおっしゃってね。君の事務処理能力を買っている。こちらとしても無碍にはできないんだよ。その意味は、わかるね?」
「それは……わかります。ですが、どうして私なんでしょうか? 私の事務処理能力を先方の営業部長が……? 私の記憶ではお会いしたこともありませんし、先方は私のことを何もご存知ないはずです。何かの間違いでは?」
「間違いではない。確かに『道井涼子さんを』と言われた。君の代わりに派遣社員をふたり送ってくれるそうだ。とにかく、詳しいことはあちらの面談で話してくれるそうだから、聞いてくれ。私としては、ぜひとも引き受けてもらう方向でお願いしたい」
 オーノデザイン社の幹部に涼子を欲しいのだと言われれば、こちらの社長の立場では断れないだろう。
(なぜ私が呼ばれたのかはわからないけど、もし本当の話なら渡りに船かもしれない)
 突然のことではあったが、会社を辞めるつもりだった涼子には好都合に思えた。社長の話だけなら疑いを持つのだが、先方が直接オーノデザイン社の東京本社で面談をしたいということなので怪しい話ではなさそうだ。
 面談の日取りを確認した涼子は、問題ないようであればその場で話を受けると社長に返事をした。

 社長に話をもらってから数日後。
 品川にあるオーノデザイン社で面談を終えた涼子は、その場で入社を決める。帰り道の街路樹は葉を落とし始め、秋が終わろうとしていた。そろそろウールのコートを羽織っても良さそうな陽気だ。
 さらに数日後、今までいた会社とスムーズに離れ、与えられた部屋に引っ越す。出来過ぎのような気もしたが、これも縁だと思い、流れに身を任せることにした。
「独身寮の空きが出たらそちらに移動するまでの部屋らしいけど……それにしても広すぎない?」
 荷物の整理を終えた涼子は、部屋を眺めてひとりごちる。
 都心の高層マンションの一室は2LDKの広さがあった。大きなペアガラスから都心の夜景を臨めるリビングダイニングは、普通のOLのひとり暮らしにはどう考えても似つかわしくない。家電は備え付けられていたので、今まで使っていたものはすべて手放した。元カレとの思い出が沁みこんだものは連れてきたくなかったので、ちょうどいいのだが。
「気分転換には最高だけど、給料から独身寮との差額を引かれるなんてことはないよね?」
 いらぬ心配をしながら、涼子は窓際に立つ。
 きらきらと宝石のように光る夜景が、涼子の不安をいくらか和らげてくれた。
(せっかくいい機会が与えられたんだもの。イヤなことは忘れて次に進もう。きっと、なんとかなる)
 最近、前向きな考えをしている自分に気づくと、必ず思い出す人がいる。
「……蒼真。あの人、どうしてるかな。……なんて、考えても仕方がないのに、なんだか思い出しちゃう」
 多分あんなことはもう、一生ないだろう。自暴自棄になっていた自分を、彼は優しく、激しく慰めてくれた。ああいうセックスもきっと体験できない。何もかも忘れて、ただその行為に没頭するだけの甘くただれた時間は、もう二度と。
「明日から頑張らなくちゃ。余計なことは考えない」
 苦笑した涼子は、静かにロールスクリーンを下げた。

作品詳細

関連記事

  1. 絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

    【5話】絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

  2. 【18話】強引御曹司に注がれる溺愛の味

  3. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【4話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

  4. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【18話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

  5. 【4話】強引御曹司に注がれる溺愛の味

  6. 消えない恋心、君だけを愛してる

    【5話】消えない恋心、君だけを愛してる

  7. 魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

    【2話】魔性の色男は鋼鉄処女を蕩かせる

  8. 絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

    【21話】絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

  9. 絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

    【3話】絶倫軍人王は王女を過激に溺愛したい

Column

  1. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  2. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  3. 「甘えた男とチョロイン事典」(夢中文庫/水口めいさん漫画・深志美由紀原作)
  4. 甘えた男とチョロイン事典
PAGE TOP