• HOME
  • 毎日無料
  • 【7話】元カレ同期は諦めない~すました彼の冷めない欲情~

【7話】元カレ同期は諦めない~すました彼の冷めない欲情~

作品詳細

「気持ちい……」
 匡吾がつぶやきながら恍惚の息を吐く。
 大学時代こんな顔をしたことがあったかな、とぼーっと眺めていると、匡吾が眞妃に視線を向けた。
「なんだよ」
「……べ、別に」
「余裕だな。動くぞ」
 にやりと口角を上げた匡吾は、すぐに熱を引き抜き、再び中へ押し込んだ。
「あっ……ぅ……」
 最初はゆっくりとした動作だったのに眞妃が甘い声を上げるとそれに比例するように匡吾の律動が速まっていく。
 久しぶりの行為なのにすっかり濡らされた身体は、匡吾の動きをスムーズに受け入れていた。それどころか、快感に飲み込まれていた。中を抉る屹立の硬さに翻弄される。
「っ、っ……」
 匡吾は荒い息を吐きながら、眞妃の腰をしっかり掴んで固定し、激しく揺さぶる。腰を押し付けられると奥まで匡吾が届いて、強い刺激に白い喉を晒してのけ反る。
「あっ、あん、んぅ!」
 恥ずかしいから声を出したくないのに、匡吾の動きに合わせてどうしても出てしまう。
 伸びてきた手がカットソーを引き上げ、露出された胸を包んだ。ぷっくりと膨れた先端を指先で転がされ、摘ままれる。びくんと腰が跳ねた。
「や、ぅ……ああっ」
 身体中に与えられる快感に、首を横に振って声を上げることしかできない。
 ――匡吾とのセックスって、こんなすごかったっけ。
 眞妃は頭の片隅でそう思った。
 大学生の頃で、お互いが初めてだった。最初繋がるまでに時間がかかり、二人とも必死だった。その時も、これほど衝動的で熱のこもったものではなかったはず。
 もし、別れたあとに経験を積んだのだとしたら――少し切ない。
「んぅ……」
 乱されながら考えていたら、匡吾は腰を折り唇を重ねてきた。驚くほど熱を持った唇だ。
「俺を見ろよ」
 間近で強い眼差しで射抜かれて、身体がぎゅっと収縮した。
「……っ、あ……まずい」
 匡吾が苦しそうに眉根を寄せる。
 伸びてきた太い指が、眞妃の花芯を指先でくりくりと弄る。一気に快感が駆け上る。眞妃の身体も匡吾によって強制的に絶頂へ向かっていた。
「――っ!」
 先に果てたのは眞妃だった。ぎゅっと身体が収縮し、中に入っている匡吾の熱を強く締め付ける。少し遅れて、匡吾も腰を震わせた。
「っ、は、ぁ……」
「ハ……」
 二人とも荒い息を吐きながら見つめ合う。
「眞妃……」
 うっとりとした視線が近づき、唇が重なる。
 舌の根を吸われてしばらく濃厚なキスをしたあと、匡吾は丁寧に身体を拭いてくれた。
 本当に、まるで恋人みたいで勘違いしそうになる。
 彼はまだ私のことが好きなんじゃないかと。
 そんなことはあり得ないのに。
 久しぶりの行為に身体も心も疲労していた眞妃は、匡吾の腕に抱かれながら眠りについていた。
 
 
「んー……」
「……おはよ」
「っ!」
 目を覚ますと、隣に匡吾がいた。彼は眞妃よりも先に起きていたらしく、肩肘をつきながら眞妃を見つめていた。
「お、おはよう……」
「眞妃のキッチンよくわからなかったから起きるの待ってた」
「あ、ご、ごめん。朝ごはんは?」
「コーヒーだけ欲しい」
 匡吾はあくびをしながら答える。
「わかった」
 起き上がると服を着ていなかったので慌ててベッドの下に生々しく落ちているカットソーを手に取り身体を隠す。
 匡吾は平然としている。シャワーを使うか聞きたかったけれど、彼は酔っぱらっていたし昨夜のことを覚えていない可能性もあるので匡吾が言うまで聞かないことにした。
 キッチンへ行って、ドリップのコーヒーを淹れる。するとボクサーパンツにワイシャツだけを着た匡吾が隣に立つ。ボタンがところどころ留まっていないので、チラリと見える彼の胸板に胸が騒がしくなった。
「な、なに?」
「昨日、良かった」
「っ!」
 感想を言われても困る。
 無表情で何を言い出すのかと、眞妃の顔は一気に熱くなる。
「酔ってたのに……覚えてるの?」
「まあね。シャワー先に借りていいか?」
「……う、うん」
 頷くと匡吾は眞妃の頭をさらりと撫でてから、バスルームへと向かった。
 ――なに、今の。
 まるで恋人みたいな態度に混乱する。
 別れてから約十年。再会してから六年でまさかこんな展開になるとは思っていなかった。
 大失態と言ってもいいだろう。
 ただ十年前とは違う匡吾の情熱を思い出すと身体の奥が疼いてしまった。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。