• HOME
  • 毎日無料
  • 【29話】元カレ同期は諦めない~すました彼の冷めない欲情~

【29話】元カレ同期は諦めない~すました彼の冷めない欲情~

作品詳細

「気持ち、いい……」
「っ、素直だな」
「……匡吾が言えって言ったんでしょ」
「ああ、うれしいよ」
 匡吾は再び指を数本眞妃の中に入れ、ゆっくりかき混ぜる。少し動かすだけで濡れた音が響き、すでにその中は熟れきっていた。
「ハ……、もう限界。挿れるぞ」
 匡吾が眞妃の双丘を撫でまわし、ゴムをつけた屹立をこすりつける。硬く高ぶった熱が蜜口を先端でこすり、そのまま内側を開いていく。
「んぅ……」
 じわりじわりと熱が入ってくる。うつぶせになっていて入ってくる様子が見えないため、感覚がそこにばかりに集中する。入ってくる匡吾の熱とか、手のひらの熱さとか、荒い息とかが眞妃の欲望を揺るがす。
「キツ……」
 匡吾が息を吐きながらつぶやいた。眞妃の様子を見ながら、ゆっくりと押し入ってくる熱。大きな出っ張りが入ると、するりと全長を収めていた。匡吾は深く息を吐く。
「しばらくしてなかったから……気持ちいい……」
「……ん……」
 私も、と言いたいけれどその余裕はなかった。中が匡吾でいっぱいになって、息が詰まる。しばらく匡吾は動かずに、熱く汗ばんだ肌を撫でながら眞妃の背中にキスを落としていた。
「ずっとこうしてたいけど……もっと欲しい」
 匡吾がゆるりと腰を動かし始める。深く奥まで入った熱をゆっくり引き抜き、勢いをつけて中へ押し戻す。
「あっ!」
 同じような動きを何度も繰り返し、匡吾は眞妃の中を攻め立てる。
「っ、……は、ぁ」
 背後からは匡吾の荒々しい息が聞こえてきて、眞妃の快感を煽る。ぐちゅぐちゅと濡れた音が高級ホテルの室内に響き、妙な背徳感さえある。
 匡吾が激しく中を打ち付けるたびに、肌がぶつかる音が聞こえ始め、動物的な行為に高ぶっていく。身体が熱くてたまらない。
「あっ、あん……、んぅっ」
 彼が動くたびに自然と声が上がる。後ろからの体勢だと奥へ届き、また正面からとは違う場所を熱でこすられ、強い刺激にすぐに達してしまいそうになる。
 でも目の前には真っ白なシーツしかないことに虚しさを感じる。
「や、匡吾……っ」
「ん?」
 匡吾は息荒く眞妃の中をかき混ぜながらも反応してくれる。眞妃は体勢的に振り向くことはできずに、シーツをぎゅっと握り締める。
「……顔、見たい」
 そう言った時、ずくんと中に埋まるものが反応した。膨張したように思えて、中がさらに圧迫される。
「あっ……」
「可愛いこと言うな」
 匡吾は中に屹立が入ったまま眞妃の足を持ち上げ、軽々と身体を支えられながら仰向けにさせられる。
「これでいいか?」
「あ……」
 匡吾が眞妃の顔を覗き込む。彼の表情は想像よりも余裕がなさそうだった。汗をかいていて、やけに色っぽい。
「……すごいえろい顔。やっぱこっちのほうがいいな」
 匡吾と同じように眞妃も自分が今どんな顔をしているのかわからないので、じっと顔を見られることに強い抵抗がある。
「やっ……」
 思わず顔を背けると、匡吾の熱い手が顎を掴み正面を向かせる。すぐに唇が降りてきた。
「顔が見たいって煽ったのはお前だろ」
「んぅ」
「舌出せ」
 強い口調で興奮気味に命令されて、眞妃は素直に舌をそろりと差し出した。するとすぐに舌先同士で舐め合い、そのまま咥内へ導かれる。
 匡吾は喉の奥で低く呻き、また動き始める。さきほどよりも緩いペースで動く匡吾。だけど匡吾の熱は大きく膨れ上がっているので、刺激が強いのは変わらない。
「っ……あぅ……」
 唇はキスで塞がれていて、苦しいのに、気持ちがいい。
 繋がっている場所からは蜜が溢れ、濡れた音が淫らに響く。激しく揺さぶられながら、唇を離した匡吾と目が合った。彼は余裕の無い表情を浮かべながらも眩しそうに眞妃を見つめる。
「眞妃、好きだ」
「あ、わたし、も……っ」
 揺さぶられているせいで、うまく言葉にできない。懸命に言葉にすると、腰を折った匡吾は眞妃の耳に唇を寄せた。
 荒い息と、「眞妃」と呼ぶ甘い声が鼓膜に響き、痺れるような快感が身体中を駆け巡る。奥が収縮し匡吾の熱を強く締め付ける。耳元で息を呑む音が聞こえた。
「やぁっ、あん……耳、いやぁ……」
「うん。可愛い」
「っ……あ、あっ」
 わざとらしく耳に舌を這わせる匡吾。ぴちゃぴちゃと濡れた音が耳元で響き、眞妃はもう甘い声を上げることしかできない。耳朶を甘噛みされて身体がびくんと浮く。その間も匡吾は眞妃の奥のほうへ届けるように屹立を押し込み、抽送を繰り返す。

作品詳細

関連記事一覧

テキストのコピーはできません。